So-net無料ブログ作成

英国ROH2016/17シネマシーズン オペラ「蝶々夫人」 [シアター&シネマ]

TOHOシネマズ六本木ヒルズで英国ROH2016/17シネマシーズン オペラ「蝶々夫人(MADAMA BUTTERFLY)」を観てきました。

20170527 ROHオペラ蝶々夫人.jpg

作品紹介は公式サイトから。

【作曲】ジャコモ・プッチーニ
【演出】モーシュ・ライザー/パトリス・コーリエ
【指揮】アントニオ・パッパーノ
【出演】エルモネラ・ヤオ(蝶々夫人〉
    マルセロ・プエンテ(ピンカートン)
    スコット・ヘンドリックス(シャープレス領事)
    カルロ・ボッシ(ゴロー)
【上演時間】3時間2分  2幕(休憩1回)

舞台は日本の長崎。
アメリカ人士官ピンカートンと結婚した蝶々は、任務を終え帰国した彼の帰りを、幼い息子とともに待ち続けていた。
しかし、夫はアメリカ人の妻を連れて戻ってくる——。

『蝶々夫人』は、夫に裏切られながらも一途に愛を貫く日本人女性、蝶々の悲劇的な愛をプッチーニの魅惑的な音楽で描いたオペラ。
ロイヤル・オペラの音楽監督アントニオ・パッパーノが、明るく興奮に満ちた少女から、愛によって自己を犠牲にする女性へと変化する蝶々のドラマチックな心の旅を指揮する。
オペラを見たことがない人でも聞いたことがあるほど有名なアリア「ある晴れた日に」で知られ、舞台をベトナムに置き換えたミュージカル『ミス・サイゴン』の原案にもなった作品。

この一年で立て続けに2回、長崎を訪れてグラバー園のある高台から海を眺めたので、蝶々夫人がピンカートンの帰りを待ちながら遠くを見る光景が容易に想像できました。

それにしても、毎回、海外カンパニーが上演する「蝶々夫人」を見てガッカリすることは、衣装(和服)の着方です。
体型が違うからシックリこないのは割り引いて見ても、帯の結び方など、違和感ありありで、歌以外のところに気を取られてしまうのです。

でも、きっと今後も繰り返し見る作品のひとつ。

★2017演劇鑑賞カウント 18★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:オペラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

六本木でまったり女子飲み [東京 お出かけ]

今夜はギロッポン♪

六本木、東京ミッドタウンにほど近いロケーションにあるメルセデス・ベンツ コネクション。その2階にあるレストランUPSTAIRSで女子ふたり飲み。

20170525 メルセデスベンツ・コネクション.JPG

ミッドタウン内のオフィスに勤務の元同僚からのお誘いで。
ともに親の介護真っ最中の私たち、職場の話やら介護のことやら、飲みながら話は尽きませんわ。

20170525 メルセデスベンツ・コネクション1.JPG

今回、コース+2.5時間飲み放題(スパークリングワイン含む)を注文したのですが、意外とリーズナブル。4800円。結構お腹いっぱいに。
ベンツの名前に畏れる必要ありませんことよ。

デザートにはなぜかメッセージ付きのプレート。(何もお祝いごとはありませんが)
20170525 メルセデスベンツ・コネクション2.JPG
「いっこさん、これからもよろしく」 こちらこそ~


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

空振り [日記]

水曜日、外苑前のワタリウム美術館は夜間延長で21時まで開館。
坂本教授(龍一)の新作アルバムをテーマにした企画展を観に(聴きに)行こうと仕事帰りに向かったら、入り口に列あり。
(私、高校時代から、そうYMO全盛期から好きで、カセットテープやCDを何枚も持っています)
たとえ入っても時間切れで途中退場となりそうだったので、諦めることに。

美術館に行く途中で見つけたベルギービールとフライドポテトの店でチョイ飲みして帰ろう。
と思って入ったら、無愛想な店員だけ…

20170524 ベルギービール&フリット.JPG

チッ。この一杯だけで早々に引き上げることに。

ランチは目の前の鉄板で焼いてもらうステーキ食べてご機嫌だったのにね。
20170524 DANTEランチ.JPG

一日の終わりがちょっと残念な結果に。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

見ためvs味 [レストラン&フード]

見ためって大事よね。

20170521 キリンラガー×フォーホル1.JPG

キリンのラガービールのデザイン・パッケージ。
Andy Warholのシルクスクリーン作品のデザイン缶というだけで味は同じなのにね。

20170521 キリンラガー×フォーホル2.JPG

一方で、こちらは味が同じなんだから、見ためは気にしない。
20170521 みょうがの忘れ物(茎).JPG
みょうがの忘れもの(茎)


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:缶ビール
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ハーゲンダッツ Crunchy Crunch ココナッツ [定点観測 ハーゲンダッツほか]

ハーゲンダッツの定点観測。夏商品が登場です。
Crunchy Crunchの期間限定の新商品。ココナッツ。

20170517 ハーゲンダッツ ココナッツ.JPG

トロピカル~

夏商品と言えば、ショコラミント♪
20170518 チョコミントアイス.JPG
Crunkyのチョコチップミントも食べてみました

爽やか~


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

英国ROH2016/17シネマシーズン バレエ「眠れる森の美女」 [シアター&シネマ]

TOHOシネマズ日本橋で英国ROH2016/17シネマシーズン バレエ「眠れる森の美女(Sleeping Beauty)」を観てきました。

20170515 ROHバレエ眠れる森の美女.jpg

作品紹介は公式サイトから。

【振付】マリウス・プティパ
【音楽】ピョートル・チャイコフスキー
【指揮】クン・ケセルス
【出演】マリアネラ・ヌニェス(オーロラ姫)
    ワディム・ムンタギロフ(王子)
    クレア・カルヴァート(リラの精)
    クリステン・マクナリー(カラボス)
【上演時間】3時間25分 全3幕(休憩2回)

第二次世界大戦後、ロイヤル・オペラ・ハウスが再開された1946年。
オリジナルの楽曲から綿密に作り上げられ、豪華な舞台デザインでマーゴ・フォンティーンがオーロラ姫を魅惑的に演じた『眠れる森の美女』。
瞬く間にロイヤル・バレエを代表する演目となり、バレエ団が国際的名声を築くのに貢献した作品となった。
今回はそのロイヤル・バレエでの初演から70年となる記念碑的な上演。

邪悪な妖精の呪いによって眠り続ける王女と、彼女を救おうとする王子。
チャイコフスキーによる音楽と、マリウス・プティパによる振付がすべての年代の観客に愛され魅了し続けてきた伝統あるバレエ。

やはり何度見ても飽きない古典のなかの古典作品。
そして英国ロイヤルバレエの安定の美しさ。

★2017バレエ鑑賞カウント 10★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:バレエ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2017年5月帰省 旧友との交流 [日記]

今回の帰省、出張先の名古屋からのアプローチで金曜の夕方には金沢に到着。

実家(羽咋)に向かう途中に中学時代からの友人と会うために電車を途中下車。
宇ノ気のポムポムというイタリアンのお店で夕食をとりながら一時間ほどだったけど、久しぶりのお喋りに花を咲かせました。

20170512 宇ノ気イタリアン.JPG

新しいことに挑戦している話、刺激になりました。
その姿勢、見習わなきゃ。

翌日は朝食前に実家のまわりの草むしりと小一時間。
家の中も軽く掃除して、金沢へ。

駅の鼓門で、ひゃくまんさんに遭遇。
20170513 ひゃくまんさん1.JPG

ひゃくまんさん、新しい技を見せてくれました。
20170513 ひゃくまんさん2.JPG

しゃがんでダルマ形になったかと思うとズリズリと前進。
結構スピード早く。練習したのかも~(笑)

昼食は、駅構内で買った能登豚ひつまぶし弁当を母のいる老人ホームの部屋で。
20170513 能登豚ひつまぶし、柏餅.JPG
柏餅は午後のおやつ

実家の裏から摘んできた花を生けて。少しでも母の気持ちが和むように。
20170514 実家の花.JPG
紫蘭、花菖蒲、カラー

今回も兄の自宅に泊めてもらい、新出製パン所のパン(レモン、棒茶あん)で朝食。
20170514 新出製パン所.JPG

日曜(14日)の午前は、兄夫婦と私の友人で結成した交流グループの定例会に参加。
金沢を離れて以来だから11年ぶり?

20170514 フルーツむらはた.JPG

フルーツむらはた。宮崎マンゴーのヨーグルトソフト(1300円)♪
私が大学生の頃からあった店。当時はフルーツたっぷりのケーキを食べに行ったような気がするけど、今回久々に行ってビックリ。
開店と同時に入ったけど、パフェ目当ての行列ができる店になっていました。

結成してかれこれ30年ほど経つ。途中に加わったり、離れていったり、若干の入れ替わりはありますが、結成当時のメンバーはそのまま。
数年前に加わった方が華道(池坊)をやっていて、ちょうどその日、集まりの場所近く(めいてつ・エムザの催事場)で開催されている諸流派合同の華展「いしかわ四季の花 協会展」に出品されていたので皆で見学に行きました。

シンプルだけど印象に残った嵯峨御流の大作「万緑」
20170514 生け花展2.JPG
照明の色がライトブルーからグリーンに変化します

ランチは兄夫婦と一緒に。あじ一番の名物メニュー、チーオムうどん。
20170514 チーオムうどん.JPG
チーズ入りオムレツが熱々のあんかけうどんにのっています。おろし生姜が味のアクセント

月曜(15日)は会社の休みをとって、居室にこもりがちな母の気分転換に老人ホームの1階ロビーで日本庭園を眺めたりして過ごしました。(前日は一緒に入浴も)

20170515 五月飾り.JPG
ロビーに飾られている御所人形など

入院中の父を見舞ってから昼ごろ発の新幹線で東京に戻りました。

20170515 百万石弁当.JPG
車中での昼食は、百万石弁当。来月は百万石まつり開催(6月2日~4日)なので

デザートは車内販売の加賀野菜の五郎島金時芋を使ったスジャータの北陸新幹線限定「加賀さつまいもアイスクリーム」
20170515 加賀さつまいもアイスクリーム.JPG

【おまけ】
金沢の名月せんべいが上野駅の売店で売られているのを発見。
20170527 金沢名月せんべい.JPG

何十年ぶりかで食べた。あっさりした塩味が懐かしかった~


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:金沢
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早朝の兼六園散歩 5月カキツバタの季節 [出身地 北陸]

今朝は早起きして義姉と一緒に早朝(6時ごろ)の兼六園散歩。

早朝の無料入園口は2か所のみ。私たちは随身坂口から入園しました。

20170514 兼六園1.JPG

この季節、美しい燕子花(カキツバタ)やサツキが見られます。

20170514 兼六園2.JPG
20170514 兼六園3.JPG
20170514 兼六園4.JPG

松の若々しい実。
20170514 兼六園5.JPG

わかりにくいですが、松の根元の水辺に白い鷺がいます。
20170514 兼六園6.JPG

苔もみずみずしく。
20170514 兼六園7.JPG

白い花が満開に咲いています。
20170514 兼六園8山査子.JPG

♪この道はいつか来た道~♪で始まる童謡『この道』(作詞:北原白秋)に出てくる山査子(サンザシ)。こんな可憐な花なのですね。
20170514 兼六園8山査子1.JPG

"ザ・兼六園"の一枚。徽軫(ことじ)灯籠。
20170514 兼六園9.JPG

青楓の赤い羽根をつけた実。
20170514 兼六園10.JPG

曲水に沿ってカキツバタが咲く向こうに見えるのは花見橋。
20170514 兼六園11.JPG

早朝開園のもう一つの入園口、蓮池門口には藤が咲いていました。
20170514 兼六園12.JPG


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:植物 金沢 庭園
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの特急しらさぎに乗って [旅 東海]

今日は名古屋出張。

NY(Central Park)とParis(Eiffel Tower)が同時に見られる場所(笑)
20170512 名古屋.jpg
久屋大通のテレビ塔

仕事を終えて、そのまま金沢へ帰省することに。
何年ぶりに乗っただろ、特急しらさぎ。

20170512 しらさぎの車窓から.JPG

終点が金沢だから車中に眠ろうと思ってたけど、岐阜、大垣、次々と懐かしい駅を通過するし、車窓からの景色(自然、農作業風景、昔ながらの家並み)が見飽きない。

そして、すっかり忘れていた作業。
米原で進行方向が変わるため、停車中に乗客が座席を回転して向きを変える。
完了。出発進行ヨシ!

30分ほど走ると、敦賀駅のホームのベンチにヤツがいた。
20170512 恐竜@敦賀.JPG
本を読んでいる風の後ろ姿

さらに、芦原温泉駅でもヤツがいた。
20170512 恐竜@芦原温泉.JPG
こちらは正面向き

そう。福井県は"恐竜王国"なのです。

【おまけ】
ホームの売店で買った名古屋土産。
カルビー「じゃがりこ」手羽先味と、グリコと坂角総本舗とのコラボ「濃厚おつまみスナック ゆかり」

20170512 名古屋土産.JPG
どちらもド派手な金色パッケージ!


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ノリタケの森で優雅なひととき [旅 東海]

久しぶりの出張。

8時前の新幹線に乗って名古屋へ。
午前中には仕事が終わり、午後は休暇を取って金沢へ帰省だったので、金沢への電車に乗るまでの時間、以前から行きたかった場所へ足を運ぶことに。

向かったのは、名古屋駅から地下鉄東山線で一駅(亀島)、則武新町という場所。
漢字で書くと?って感じですが、そう、あの陶磁器メーカー・ノリタケの誕生の地です。

ノリタケの森という名前の小さなテーマパークのようなところです。

まずはレストラン キルンでランチを。

20170512 ノリタケの森1.jpg20170512 ノリタケの森2.JPG
20170512 ノリタケの森3.JPG20170512 ノリタケの森4.JPG

ご覧の通り、使用されている食器はすべてノリタケ製。(トイレはグループ会社のTOTO製)
ロゼワインのように見える飲み物はノンアル。(一応、勤務時間中だったので、笑)

20170512 ノリタケの森5.JPG

食後は足早に敷地内を見学しました。

赤レンガ造りの建物は、1904年(明治37年)に建築された日本陶器合名会社の最初の工場。
20170512 ノリタケの森6.jpg

噴水ひろば。
20170512 ノリタケの森7.JPG

クラフトセンター。製造工程の見学やミュージアムでノリタケ製品を見ることができます。
20170512 ノリタケの森8.JPG

残念ながらクラフトセンターを見学するには時間がなく、隣接のウェルカムセンターでノリタケの歴史や技術を紹介する展示を見るだけとなりました。

引き続き、屋外に戻り、赤レンガ建築の奥のひろばのほうに行ってみました。
20170512 ノリタケの森9.JPG

鯉のぼりをつなぐように立っている、蔦の絡まっている巨大な煙突。
20170512 ノリタケの森10.JPG

1933年に建てられた陶磁器焼成用トンネル窯の跡。
20170512 ノリタケの森11.JPG

初期の工場建設の堅牢な基礎として使用された古煉瓦塊を掘り出し、擁壁材として利用。「窯壁」
20170512 ノリタケの森12.JPG

反対から見ると、こんな感じ。
20170512 ノリタケの森14.JPG

「単独窯」
20170512 ノリタケの森13.JPG

ひろばの一番奥には植物、昆虫、魚、鳥など生き物たちが共生するビオトープが造られています。
20170512 ノリタケの森15.JPG

一番楽しみにしていたミュージアムを見学することができず心残り。必ずや、また行くよ。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行