So-net無料ブログ作成
アート&デザイン ブログトップ
前の10件 | -

表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち [アート&デザイン]

パナソニック汐留ミュージアムで「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」を観てきました。

20171125 カンディンスキー、ルオー.jpg
右上:ジョルジュ・ルオー「キリストの洗礼」1911年、ジョルジュ・ルオー財団蔵
下:ヴァシリー・カンディンスキー「商人たちの到着」1905年、宮城県美術館蔵

抽象絵画の創始者ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)
20世紀フランス最大の宗教画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)

本展は、色と形を軸として、カンディンスキーを中心とするドイツ表現主義とルオーが共鳴するさまを探る初の試み。

会場構成。
第1章 カンディンスキーとルオーの交差点
第2章 色の冒険者たちの共鳴
第3章 カンディンスキー、クレー、ルオー -それぞれの飛翔

軽やかでリズムを感じる抽象画の印象が強いカンディンスキーですが、こんな細かい具象画も描いていたのですね。

20171125 カンディンスキー.jpg

黒が支配する画面に色がのせられている絵画はルオーとも共通するところですね。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:絵画
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

怖い絵展 [アート&デザイン]

上野の森美術館で「怖い絵展」を観てきました。

20171120 怖い絵展1.jpg
ポール・ドラローシュ「レディ・ジェーン・グレイの処刑」部分、1833年、ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵

この絵は、わずか9日間のみ王位にあった16歳の若き元女王の最期の姿を描いた、縦2.5m×横3mにもおよぶ大作で日本初公開。

ドイツ文学者・中野京子さんが2007年に上梓し、「恐怖」をキーワードに西洋美術史に登場するさまざまな名画の魅力を読み解く本としてベストセラーとなり、シリーズ化された著『怖い絵』
本展は、シリーズで取り上げられた作品を筆頭に、「恐怖」を感じさせる傑作を選び出し、テーマごとに展示。
視覚的に直接「怖さ」が伝わるものから、歴史的背景やシチュエーションを知ることによって初めて「怖さ」を感じるものまで、多彩。
絵の横に書き添えられた中野さんの解説がこれまた秀逸。作品に隠された恐怖の謎を読み解くためのヒントや、想像力を駆り立てるような説明を読んでいるだけでも面白い。
これまでにない展覧会でした。

前評判も高く、連日の大混雑。開館時間も前後に延長されたほど。
実は、土曜に上野に行ったときにも長い列ができていて、確認したところ入場までに3時間近く。
それで今日、仕事で両国に行った帰りに上野で降りて行ってみたらほとんど待つことなく入場でき、もくろみは成功でした。

会場構成。
第1章 神話と聖書
第2章 悪魔、地獄、怪物
第3章 異界と幻視
第4章 現実
第5章 崇高の風景
第6章 歴史

写真コーナー。

20171120 怖い絵展2.jpg
ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス「オデュッセウスに杯を差し出すキルケー」
1891年、オールダム美術館蔵

一見すると美しい女性の絵に見えますが、右手で杯を差し出し、飲んでいる相手を左手に持っている杖で叩き家畜に変えてしまう魔女なのです。本物の絵では、私が映っている鏡の位置にオデュッセウスの姿があります。
彼女の左の足元を見ると、すでに豚に変えられてしまった哀れな姿を確認できます。ぶるっ!


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:西洋絵画
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

三沢厚彦アニマルハウス:謎の館 [アート&デザイン]

渋谷区立松濤美術館で「三沢厚彦アニマルハウス:謎の館」を観てきました。

20171119 三沢厚彦アニマルハウス謎の館.jpg
三沢厚彦、舟越桂、小林正人、杉戸洋、浅田政志 with Animals

樟(くすのき)を鑿(のみ)と彫刻刀を使って彫り込み、着彩して等身大の動物を制作する三沢厚彦さん。
彼の素朴でありながら、何かを語りかけてくるような目つきの動物たちに以前から心ひかれています。

今回の展覧会では、私邸のような松濤美術館の館内のそこここに住人(人じゃないけど)のように存在する動物たち。(先日、富山県美術館で見たシロクマのミニチュア版もいました)
会期中、動物たちは少しずつ移動するんです。
黙っているんだけど、何かを考えて物言いたげな表情に見えるのは私だけ?

作品リストも展示解説も一切なし。

唯一写真撮影だった作品。
20171119 三沢厚彦アニマルハウス謎の館1.jpg


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:動物 彫刻
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パロディ、二重の声【日本の一九七〇年代前後左右】 [アート&デザイン]

JR東京駅丸の内北口の東京ステーションギャラリー「パロディ、二重の声【日本の一九七〇年代前後左右】」を観てきました。

20170415 パロディ、二重の声.JPG
(横尾忠則「POPでTOPを!」1964年頃

会場構成は次のとおり。

第一部 国産パロディの流行前夜~季節のポップアートのアイロニー風味

山縣旭(レオ・ヤマガタ)のいろんなふうにモナ・リザを描いた特別出品のコーナー
20170415 パロディ、二重の声1.JPG

20170415 パロディ、二重の声2.JPG
吉村益信「豚;PigLib」1994年、大分市美術館蔵

第二部 肥大するパロディ~複製メディアの噴出に読者参加を添えて
20170415 パロディ、二重の声3.JPG

雑誌「ビックリハウス」(パルコ出版)の創刊号から130号(1974ー85)までの表紙
20170415 パロディ、二重の声4.JPG
東京ステーションギャラリー所蔵

そんなに読んでいたわけではないけど、表紙に描かれた人たち(YMO、デヴィッド・ボウイとか)が懐かしい。

地下鉄のマナー啓発ポスター
20170415 パロディ、二重の声5.JPG
河北秀也(アートディレクション)、1975-81、財団法人メトロ文化財団所蔵

昔のほうが"攻めてる"というか、インパクトあるビジュアルとコピーですね。

第三部 いわゆるパロディ裁判~引用と偽作をめぐる判決の盛り合わせ
マッド・アマノ氏がAIUのカレンダーに使用された写真を合成して使ったパロディ作品を発表し、裁判となった記録が興味深い。

【おまけ】
北口ドームの窓から丸の内出口方面をのぞく。
20170415 東京駅丸の内口前.JPG

常に、工事中(開発整備中)の東京の町。

★2017アート鑑賞カウント 28★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

タグ:現代アート
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Memento Mori ロバート・メイプルソープ写真展 [アート&デザイン]

シャネル銀座ビル4階にあるシャネル・ネクサス・ホールで開催中の「Memento Mori ロバート・メイプルソープ写真展 ピーター・マリーノ コレクション」を観てきました。

20170409 Memento Mori.JPG
「Orchid」1988年

1946年米国生まれの写真家、ロバート・メイプルソープ。
ピーター・マリーノは、彼の作品のコレクターの一人でもあり、シャネル銀座ビルディングの設計を手がけた建築家でもある。
今回の企画展は、ピーター・マリーノのプライベートコレクションの展示。

Memento Moriとは、ラテン語で「死を想え」「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」といった意味の警句。

ロバート・メイプルソープの写真は、モノクロながら(だからこそ?)静かにメッセージを訴えてきます。
今回の展覧会は、自然美(植物)と肉体美(裸体、本展でも男性器を写した写真あり)、束縛と破壊をテーマに構成されたそうです。
彼の写真はいつもとても官能的。(上↑の蘭もエロティック)

★2017アート鑑賞カウント 27★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

タグ:写真
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ポーラ・ミュージアム・アネックス展2017 [アート&デザイン]

ポーラ銀座ビル3階のポーラ・ミュージアム・アネックス「ポーラ・ミュージアム・アネックス展2017」を観てきました。

20170409 Polaミュージアムアネックス展1.JPG

第11回のテーマは「繊細と躍動」

出展作家は、鈴木ヒラク、中原一樹、秋吉風人、藤原絵里佳の四人。

20170409 Polaミュージアムアネックス展2.jpg

今回の目的も新しいアーティストの作品を見るため。

★2017アート鑑賞カウント 26★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

タグ:現代アート
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Street Museum [アート&デザイン]

東京ミッドタウンのプラザB1通路に展示されている「Street Museum」

毎年開催される「Tokyo Midtown Award」の2016年度アートコンペ受賞作家6組が制作したインスタレーションなどを展示するもので、通りすがりに気軽にアートを楽しめる。

20170330 StreetMuseum.JPG
山口正樹「みえない風景」

★2017アート鑑賞カウント 22★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

タグ:現代アート
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

吉岡徳仁 スペクトル [アート&デザイン]

東京銀座資生堂ビル地下1階の資生堂ギャラリー「吉岡徳仁 スペクトル」を観てきました。

20170309 吉岡徳仁スペクトル.JPG

デザイン、アート、建築など、幅広い領域で自由な着想と実験的なテクノロジーから作品を生み出す世界的にも注目のアーティスト。

20170309 吉岡徳仁スペクトル4.JPG
手描きのイメージ図

今回の展覧会では、自然と科学、そしてテクノロジーによって生み出される無限の色が創りだす光が空間全体を満たし、神秘的な光を体感する新作「スペクトル」のインスタレーション。

彼の代表作品「Water Block」越しに見る。
20170309 吉岡徳仁スペクトル1.JPG

20170309 吉岡徳仁スペクトル2.JPG

こんな多面体に光があたり虹色の光線が創り出されます。
20170309 吉岡徳仁スペクトル3.JPG

★2017アート鑑賞カウント 21★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

タグ:現代アート
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

仲條正義 IN&OUT、あるいは飲&嘔吐  [アート&デザイン]

DNP銀座ビル1階のggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)で企画展「仲條正義 IN&OUT、あるいは飲&嘔吐」を観てきました。

20170309 仲條正義IN&OUT1.JPG

この展覧会タイトル、特に「飲&嘔吐」の組み合わせ、最高!

20170309 仲條正義IN&OUT2.JPG

★2017アート鑑賞カウント 20★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

食神さまの不思議なレストラン展 [アート&デザイン]

日本橋茅場町の特設会場で開催のデジタルアート・イベント「食神さまの不思議なレストラン展」を観てきました。

見る・聴く・香る・触る・食べる。
五感を刺激する「和食」をテーマにしたアート展覧会。

デジタルアートの制作は、モントリオールを拠点に活動する体験型イベントのスペシャリスト集団MOMENT FACTORYによるもの。

20170309 食神さまの不思議なレストラン1.JPG

20170309 食神さまの不思議なレストラン2.JPG

20170309 食神さまの不思議なレストラン3.JPG
     20170309 食神さまの不思議なレストラン4.JPG

20170309 食神さまの不思議なレストラン5.JPG
お米を触ってます

20170309 食神さまの不思議なレストラン6.jpg

20170309 食神さまの不思議なレストラン7.JPG

20170309 食神さまの不思議なレストラン8.jpg

アート体験のあとは、レストランフロアで振舞いの"神様のおいなりさん"(京都・美山荘の中東久人さん特製)をいただきました。

20170309 食神さまの不思議なレストラン9.JPG

【おまけ】
同時開催は、スーパー浮世絵「江戸の秘密」展

20170309 スーパー浮世絵・江戸の秘密展.JPG

浮世絵作品を最新の映像技術で動かし、巨大化させ、立体空間として表現したもの。

★2017アート鑑賞カウント 19★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - アート&デザイン ブログトップ