So-net無料ブログ作成
シアター&シネマ ブログトップ
前の10件 | -

英国ROHシネマシーズン2017/18 オペラ「ラ・ボエーム」 [シアター&シネマ]

英国ROHシネマシーズン2017/18 第2作 オペラ「ラ・ボエーム」

20171126 ROHオペラ・ラ・ボエーム.jpg
TOHOシネマズ日本橋にて(スクリーン6、特別料金3600円)

【上演時間】2時間43分 二幕(休憩1回)

真っ暗なステージ天井からチラチラと白い雪が舞い降りてくる静かなシーンから始まる。
舞台は19世紀の自由奔放なパリ。
貧しい詩人のロドルフォは、お針子のミミと出会ってすぐ恋に落ちた。だが、ミミは重い病に冒されていた。

情熱的なラブストーリー(最後はハッピーエンドとはいかなかったけど)として有名なプッチーニのオペラ。
題名はよく目にするし、白金台に同名のレストランもあったりで、きっとかなりの名作なのだろうなと思って期待して観たのですが、あまりに耳に心地よい音楽につい眠りに落ちてしまい、高らかに歌い上げるアリアがそんなにあるわけでもなく、残念ながら私の印象としては普通に終わってしまいました。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:オペラ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ポリーナ、私を踊る [シアター&シネマ]

映画「ポリーナ、私を踊る」を観てきました。

20171126 ポリーナ、私を踊る.jpg
ヒューマントラストシネマ有楽町にて(劇場1、会員特別割引料金1000円)

監督:ヴァレリー・ミュラー&アンジュラン・プレルジョカージュ
出演:アナスタシア・シェフツォワ、ニールス・シュナイダー、
   ジェレミー・ベランガール、アレクセイ・グシュコフ、
   ジュリエット・ビノシュ

原題:POLINA, DANSER SA VIE
原作:バスティアン・ヴィヴェス「ポリーナ」
2016年、フランス、フランス語・ロシア語、108分、字幕:古田由紀子

一人の天才バレエ少女の、輝く成長物語。

ボリショイ・バレエ団のバレリーナをめざすロシア人の少女ポリーナ。貧しい家庭環境で育ちながらも、厳格な恩師ボジンスキーのもとで幼少のころから鍛えられ、将来有望なバレリーナへと成長していた。
ところが、憧れのボリショイ・バレエ団への入団を目前にしたある日、コンテンポラリーダンスと出会い、彼女の運命を大きく変えた。

ロシアから南仏、ベルギーのアントワープへ。
出会いと別れ、成功と挫折を味わいながら、自分らしく生きる(踊る)ことを追い求めたポリーナ。
最後にはいろんな呪縛から解放され、のびのびと踊るダンスシーンが感動。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:ダンス
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

シネマ歌舞伎「め組の喧嘩」 [シアター&シネマ]

シネマ歌舞伎「め組の喧嘩」を観てきました。

20171125 め組の喧嘩.jpg
東劇にて(特別料金2100円)

20171125 め組の喧嘩2.jpg

町火消「め組」の鳶頭の辰五郎(中村勘三郎)は、武家のお抱えの力士たちより鳶は格下だと言われ、怒りをいったん押し殺すも、密かに仕返しを決意。命知らずの鳶たちを率いて力士たちとの真剣勝負に乗り込んでいく。

20171125 め組の喧嘩1.jpg

「火事と喧嘩は江戸の華」
最後のシーンでは、舞台の後ろが開き、浅草の御神輿を担いだ男衆が舞台にエッサエッサと勇ましい掛け声とともに乱入。

新橋や品川など、江戸(東京)の地名がたくさん出てきて、江戸っ子の躍動感満載のお芝居。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:歌舞伎
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

ローガン・ラッキー [シアター&シネマ]

映画「ローガン・ラッキー」を観てきました。

20171124 ローガン・ラッキー.jpg
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて(スクリーン5、プレミアムフライデー特別割引料金1100円)

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ライリー・キーオ、
   ケイティ・ホームズ、キャサリン・ウォーターストン、
   セバスチャン・スタン、ヒラリー・スワンク、ダニエル・クレイグ

原題:Logan Lucky
2017年、アメリカ、英語、119分

ツキに見放されたローガン兄弟(兄ジミー、弟クライド、妹メリー)が人生の一発逆転を賭け、全米最大のカーレースの最中に大金を盗み出すという強奪計画を企てた。
そこで、服役中の爆破のプロ、ジョー・バング(ダニエル・クレイグ)に協力を仰ぎ、一攫千金の金庫破りに挑む。

素人犯罪チームの間抜け具合が微笑ましく、一人ひとりも個性あふれる。
そして何よりも痛快。
たまにはこういう気楽に見られるエンタテインメント作品もいいね。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:アクション
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

IT(イット)"それ"が見えたら、終わり。 [シアター&シネマ]

映画「IT(イット)"それ"が見えたら、終わり。」を観てきました。

20171122 IT1.jpg
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて(スクリーン9、6ポイント鑑賞で0円)

監督:アンドレス・ムシェッティ
出演:ジェイデン・リーベラー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、
   ソフィア・リリス、ニコラス・ハミルトン

原題:It
2017年、アメリカ、英語、135分

静かな田舎町で次々と子どもが行方不明になる事件が続く。
行方不明の弟を案じる内気な少年ビルの前に"それ"が突然現れる。
他の子どもたちも、不安や恐怖を感じる度に"それ"が見える。
"それ"の正体は、、

20171122 IT2.jpg

薄気味悪い笑いを浮かべ、子どもたちを恐怖におびえさせるピエロ。

この映画は一人で見てはいけない。
それも自分の部屋の小さな画面で見てはいけない。
恐怖にいたたまれなくなる可能性大。

先日の「怖い絵展」に続いての"怖い映画"(別に怖いもの好きというわけではないが、、)
私は、大きなスクリーンの映画館で周囲に他の観客がいたから、かろうじて恐怖に飲み込まれずにすんだ。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス [シアター&シネマ]

映画「ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス」を観てきました。

20171119 MR.GAGA.jpg
渋谷のシアター・イメージフォーラムにて(シアター2、1800円)

監督:トメル・ハイマン
出演:オハッド・ナハリン、ナタリー・ポートマン、マーサ・グラハム、
   モーリス・ベジャール、マリ・カジワラほか

原題:MR.GAGA
2015年、イスラエル、100分

振付家、バットシェバ舞踊団芸術監督、オハッド・ナハリン。1952年イスラエル生まれ。
20代から舞踊を始め、ダンサーとしてバットシェバ舞踊団で活躍後、渡米しマーサ・グラハム舞踊団に入団。その後、ジュリアード音楽院で学び、1980年に振付家としてデビュー。

身体感覚や直感的な感性を目覚めさせてきた、現代ダンス界の教祖的存在を8年間にわたり長期密着取材したドキュメンタリー映画。
原題の「GAGA」とは、彼の独自のダンス・メソッドのこと。

ダンスシーンや振付のプロセスなど、ダンス好きの私にはたまりません。
最近、見ている途中で眠りに落ちることが多いのに、今回はまったく眠くならず最後まで集中して観てました。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

英国ROH2016/17シネマシーズン バレエ「ジュエルズ」 [シアター&シネマ]

TOHOシネマズ六本木ヒルズで英国ROH2016/17シネマシーズン バレエ「ジュエルズ(Jewels)」を観てきました。

20170605 ROHバレエ・ジュエルズ.jpg

作品紹介は公式サイトから。

【振付】ジョージ・バランシン
【音楽】ガブリエル・フォーレ/イーゴリ・ストラヴィンスキー/ピョートル・チャイコフスキー
【指揮】パーヴェル・ソロキン
【出演】<エメラルド>ベアトリス・スティックス=ブルネル、ラウラ・モレーラ、
           ヴァレリー・ヒリストフ、平野亮一
    <ルビー>サラ・ラム、スティーヴン・マックレー
    <ダイヤモンド>マリアネラ・ヌニェス、ティアゴ・ソラレス
【上演時間】2時間45分 3部構成(休憩2回)

NYの宝石店ヴァンクリーフ&アーペルのウィンドウで宝石の美しさに魅せられたバランシンが、エメラルド、ルビー、ダイヤモンドをモチーフにし、3部構成の抽象バレエとして「ジュエルズ」を作り上げた。

<エメラルド>では、フォーレのフランスのロマンティックな音楽が抒情的な演技に深みを増す。
ストラヴィンスキーの音楽とNYのジャズエイジのエネルギーが、<ルビー>の火を燃やす。
チャイコフスキーの音楽とロシア帝国の豪華さが、<ダイヤモンド>で見事でエレガントなバレエを完結する。

クラッシックバレエの歴史における異なる時代、そしてバランシン自身の人生のある時期に対するオマージュとなっている作品。
1967年の初演から今年で50年目を迎える。

それぞれの踊りが、宝石のネックレスを形作るように、隊形が組まれ、変化するさまがキラキラと輝く宝石のよう。

★2017バレエ鑑賞カウント 12★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:バレエ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

英国ROH2016/17シネマシーズン オペラ「蝶々夫人」 [シアター&シネマ]

TOHOシネマズ六本木ヒルズで英国ROH2016/17シネマシーズン オペラ「蝶々夫人(MADAMA BUTTERFLY)」を観てきました。

20170527 ROHオペラ蝶々夫人.jpg

作品紹介は公式サイトから。

【作曲】ジャコモ・プッチーニ
【演出】モーシュ・ライザー/パトリス・コーリエ
【指揮】アントニオ・パッパーノ
【出演】エルモネラ・ヤオ(蝶々夫人〉
    マルセロ・プエンテ(ピンカートン)
    スコット・ヘンドリックス(シャープレス領事)
    カルロ・ボッシ(ゴロー)
【上演時間】3時間2分  2幕(休憩1回)

舞台は日本の長崎。
アメリカ人士官ピンカートンと結婚した蝶々は、任務を終え帰国した彼の帰りを、幼い息子とともに待ち続けていた。
しかし、夫はアメリカ人の妻を連れて戻ってくる——。

『蝶々夫人』は、夫に裏切られながらも一途に愛を貫く日本人女性、蝶々の悲劇的な愛をプッチーニの魅惑的な音楽で描いたオペラ。
ロイヤル・オペラの音楽監督アントニオ・パッパーノが、明るく興奮に満ちた少女から、愛によって自己を犠牲にする女性へと変化する蝶々のドラマチックな心の旅を指揮する。
オペラを見たことがない人でも聞いたことがあるほど有名なアリア「ある晴れた日に」で知られ、舞台をベトナムに置き換えたミュージカル『ミス・サイゴン』の原案にもなった作品。

この一年で立て続けに2回、長崎を訪れてグラバー園のある高台から海を眺めたので、蝶々夫人がピンカートンの帰りを待ちながら遠くを見る光景が容易に想像できました。

それにしても、毎回、海外カンパニーが上演する「蝶々夫人」を見てガッカリすることは、衣装(和服)の着方です。
体型が違うからシックリこないのは割り引いて見ても、帯の結び方など、違和感ありありで、歌以外のところに気を取られてしまうのです。

でも、きっと今後も繰り返し見る作品のひとつ。

★2017演劇鑑賞カウント 18★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:オペラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

英国ROH2016/17シネマシーズン バレエ「眠れる森の美女」 [シアター&シネマ]

TOHOシネマズ日本橋で英国ROH2016/17シネマシーズン バレエ「眠れる森の美女(Sleeping Beauty)」を観てきました。

20170515 ROHバレエ眠れる森の美女.jpg

作品紹介は公式サイトから。

【振付】マリウス・プティパ
【音楽】ピョートル・チャイコフスキー
【指揮】クン・ケセルス
【出演】マリアネラ・ヌニェス(オーロラ姫)
    ワディム・ムンタギロフ(王子)
    クレア・カルヴァート(リラの精)
    クリステン・マクナリー(カラボス)
【上演時間】3時間25分 全3幕(休憩2回)

第二次世界大戦後、ロイヤル・オペラ・ハウスが再開された1946年。
オリジナルの楽曲から綿密に作り上げられ、豪華な舞台デザインでマーゴ・フォンティーンがオーロラ姫を魅惑的に演じた『眠れる森の美女』。
瞬く間にロイヤル・バレエを代表する演目となり、バレエ団が国際的名声を築くのに貢献した作品となった。
今回はそのロイヤル・バレエでの初演から70年となる記念碑的な上演。

邪悪な妖精の呪いによって眠り続ける王女と、彼女を救おうとする王子。
チャイコフスキーによる音楽と、マリウス・プティパによる振付がすべての年代の観客に愛され魅了し続けてきた伝統あるバレエ。

やはり何度見ても飽きない古典のなかの古典作品。
そして英国ロイヤルバレエの安定の美しさ。

★2017バレエ鑑賞カウント 10★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:バレエ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ザ・コンサルタント&素晴らしきかな、人生 [シアター&シネマ]

「いつも腹ペコ2本立て」の目黒シネマ「ザ・コンサルタント」「素晴らしきかな、人生」を観てきました。

20170506 目黒シネマ.JPG
(いつも何かしら共通のテーマがあるんだけど、今回はないみたい)

まずは「ザ・コンサルタント」

監督:ギャビン・オコナー
原題:THE ACCOUNTANT
出演:ベン・アフレック(クリスチャン・ウルフ)主人公
   アナ・ケンドリック(デイナ・カミングス)不正について内部告発をした女性
   ※「マイレージ、マイライフ」でジョージ・クルーニーの部下役で出演してた
   J・K・シモンズ(レイモンド・キング)※映画「セッション」の怖い教官
   ジョン・バーンサル(ブラクストン)主人公の弟
   ジョン・リスゴー(ラマー・ブラックバーン)財務調査を依頼した大企業のCEO 他
   
2016年製作、アメリカ、英語、2時間08分

会計コンサルタント、クリスチャン・ウルフ。
実は彼の本業は腕利きの殺し屋。
大企業から依頼された財務調査で重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。
その日から、何者かに命を狙われるウルフ。
自分の命を狙っている相手を突き止め、そこで待ち構えていたのは、、、

主人公クリスチャンの職業は会計士。邦題になると、コンサルタント。これ、いかに。
彼は高機能自閉症(対人関係や言語の発達の遅れ、限定された興味やこだわりがあるが知的発達の遅れを伴わない障害、アスペルガー症候群の症状と似ている)
音や光の刺激に異常に反応する、物事をやり始めたら完了しないと気がすまない、人と目を合わせるのが苦手など、自閉症の典型的な症状が描かれていた。
先日見た映画も自閉症の主人公だったし、それだけ自閉症が日常の中で身近な病気だということなのかもしれない。

もう一本「素晴らしきかな、人生」

監督:デヴィッド・フランケル
原題:Collateral Beauty
出演:ウィル・スミス(ハワード)
   エドワード・ノートン(ホイット)共同経営者
   キーラ・ナイトレイ(エイミー)舞台俳優のひとり「愛」を演じる
   マイケル・ペーニャ(サイモン)ハワードの同僚
   ナオミ・ハリス(マデリン)ハワードの元妻
   ジェイコブ・ラティモア(ラフィ)舞台俳優のひとり「時間」を演じる
   ケイト・ウィンスレット(クレア)ハワードの同僚
   ヘレン・ミレン (ブリジット)舞台俳優のひとり「死」を演じる

2016年製作、アメリカ、英語、1時間34分

広告代理店の経営者で、華やかな人生を送っていたハワードは、最愛の娘を亡くし、人生のドン底を経験する。妻とも別れ、腑抜け状態の彼を同僚たちは何とか立ち上がらせようと考える。
ハワードが投函した手紙の宛先は「愛」「時間」「死」
そこで、3人の舞台俳優が三つの抽象概念となって彼の前に現れ、対話をする。
悲しみを乗り越える「ヒント」とは何か?

原題のCollateral Beautyという言葉は映画中に何度も使われ、日本語字幕では「幸せのおまけ」と訳されていました。
この邦題もいかに?

映画の中で共同経営者の男性が、認知症の実母と会話をして気づいたことが印象に残りました。
自分の現実に相手を合わせようとすると無理があるが、相手の現実に自分が寄り添うと会話が弾むし、思い通りにならないイライラから自分も開放されてハッピー、というようなことを話していました。
なるほど。こういう考え方は実際に使えるなと思った次第。

★2017映画鑑賞カウント 17、18★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - シアター&シネマ ブログトップ