So-net無料ブログ作成
検索選択
出身地 北陸 ブログトップ
前の10件 | -

金沢城公園・兼六園 春のライトアップ [出身地 北陸]

兄が営む町家ゲストハウス「あかつき屋」も自宅も兼六園からほど近いロケーション。
日曜の夜、家族で夕食に出かけ、両親を入居している老人ホームに送り、義姉と二人で食後のウォーキングに出かけました。

向かった先は金沢城公園

石川門から入城です。
20170319 ライトアップ石川門.JPG

金沢城公園は年に数回、ライトアップしていて、機会をとらえて見に行きたいと思っていたので、ちょうど17日(金)~19日(日)の三日間、「玉泉院丸庭園ライトアップ ロック・スペシャル ILLUMINATE with Progressive rock returns」というイベントを開催中という情報をキャッチしたため、義姉を誘って夜の散策へ。

20170319 ライトアップ金沢城公園玉泉院丸庭園2.JPG
池から滝、石垣
20170319 ライトアップ金沢城公園玉泉院丸庭園3.JPG
白く浮かび上がるのは三十間長屋

松任谷由実×立川直樹が選曲したプログレッシブ・ロック(なんのことだかわかりませんが、笑)の名曲が流れ、音楽に合わせて日本庭園を変幻自在に照らします。

20170319 ライトアップ金沢城公園玉泉院丸庭園1.JPG
20170319 ライトアップ金沢城公園玉泉院丸庭園5.JPG

私が通っていた頃はこの城内に大学キャンパスがあり、授業がないときなど、繁華街の香林坊に向かうために下りる宮守坂(当時はミヤモリザカと呼んでいたけど、実はイモリザカというらしい)の脇にあった県営体育館が取り壊され、地面も掘り起こし整備されたのが現在の玉泉院丸庭園。
その変わりように衝撃です。
同じキャンパスの学生だった義姉と、「このあたりに教育学部があったよね。このお堀は昔と同じ場所だね」などと確認しながら三十年前の記憶をたどりました。

坂を下りきり、いもり堀園地(かつてテニスコートだった場所)を通り抜け、兼六園の入り口のひとつ、真弓坂口から緩やかな坂を園内に上っていきました。

兼六園でも「四季物語ライトアップ 早春の段」と銘打って、春の訪れを告げる梅林が幻想的にライトアップされているのを見ることができました。

20170319 ライトアップ兼六園梅林・枝垂れ白梅.JPG 枝垂れ白梅
紅梅の老木 20170319 ライトアップ兼六園梅林・紅梅老木.JPG

夜9時までの特別開放に対し、入園したのが7分前。
かろうじて満開の夜の梅を観賞できました。(入園無料)

真弓坂口(広坂交差点)に引き返し、外園をぐるりとまわる感じで能楽堂(こちらもライトアップされていました)の付近を通り、小立野口を過ぎて八坂(はっさか)の長い下り坂を下りきると兄の自宅はすぐそこ。

夜の繁華街(飲み屋街)だけでなく、庭園や美術館(金沢21世紀美術館の交流ゾーンは22時まで)で時間を過ごせるのって、町の懐の深さのひとつだと思います。
金沢がますます魅力的な町になることを祈って。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

2016年11月の帰省 石川の味いろいろ [出身地 北陸]

北陸の11月と言えば、月初めにズワイガニが解禁。

実家の近所のスーパーに買い物に行ったら、小さいサイズですが一杯500円くらいでズワイガニが売られていました。買いませんでしたが、、

20161128 紅ズワイガニ.JPG
私は雌(香箱ガニ)のほうが好き

土曜に、両親を連れて金沢へ。(私が車を運転)
義姉と一緒に有料老人ホームに見学に行ってきました。(もちろん両親のためだけど、義姉たちや私にとっても将来的にお世話になる可能性大なので見ておきたかったのです)

日曜は義姉が実家に。金沢の和菓子店・水本の上生菓子を持ってきてくれた。
石川県はお菓子消費量日本一。お茶請けには必ずと言っていいほどお菓子を食べます。

20161128 水本上生菓子.JPG

実家にいただきものの干菓子があったのでもらって帰りました。
金沢の老舗・森八の落雁、長生殿。日本三大銘菓の一つです。

20161128 森八長生殿.JPG

幼いころから当り前のように習慣化されていることが実は誇るべき文化だと知るとき、ありがたみを感じます。

今回の金沢駅構内・百番街でのお買い物。

友人から「最近話題だよ」と教えてもらった丸ごとみかん大福。(中越製)
20161128 みかん大福1.JPG
なぜかパッケージにフランス語

缶詰のミカンのような味がする丸ごとみかんが白あんに包まれ、さらに表面はオレンジ色の求肥。
20161128 みかん大福2.JPG
かなりお腹がふくれる

和菓子処、中越のお菓子をもう一点。加賀野菜、五郎島金時(さつま芋)を使った黄金金時
20161128 黄金金時.JPG

夕食用に買った守岡屋の焼いなり。(799円)
20161128 焼いなり1.JPG

マツコのテレビ番組で紹介された直後は売り切れていたけど、今回は買えた♪
丸ごとみかん大福で満腹になりすぎて翌日のランチにしました。

20161128 焼いなり2.jpg
山下ミツ商店の厚い油揚げの中に具が入った酢飯が詰まっていてジューシー

【おまけ】
実家で掃除をしていたら物陰からチョロチョロっと出てきたヤモリくん。

20161128 ヤモリ.JPG

実家(両親)が安全でいられるように家守をよろしくね!


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

タグ:石川県

2016年8月の帰省 お土産編 [出身地 北陸]

8月の帰省中、最高気温35℃という猛暑が続きました。

12日は、日本海に沈む夕陽を見るために市内郊外(柴垣)へドライブ。
しかし、夕食前から頭痛が始まり、バファリンを飲んだものの治まらず、そのうち吐き気をもよおし嘔吐。いくらか辛さは減りましたが、保冷材で首を冷やしながら就寝。
軽い熱中症にかかったのではと思われます。

東京にいる普段の生活ではほとんど寝込むことはないのに、なぜか実家に帰ると寝込んだり、病院に行くことになったり、と両親(特に母)に心配をかけてしまう私です。

13日、14日、暑いからと家の中に閉じこもってばかりいては運動不足になるし、両親の気分転換も兼ねて近場にドライブ。
と言っても、それぞれ実家から片道30分程度のイオンだったりアルプラザだったり。涼みがてらの外食、買い物。

さて、東京に戻る日は前夜から激しい雨が降り、お昼過ぎまで降ったり止んだり。
午後にはすっかり青空。
20160815 金沢駅1.JPG

新幹線の発車時刻までの少しの時間、駅構内の観光案内所周辺を見学。

20160815 金沢駅2.JPG
この猫は九谷焼

17:51発の新幹線に乗ると、だいたい糸魚川あたり(18:20ごろ)で夕暮れ。
20160815 新幹線車窓から夕陽.JPG

夕食は駅構内「あんと」の「すずめ」で買った白山里山彩りちらし
20160815 白山里山彩りちらし.JPG

今回の石川土産。(備忘録)

異動したばかりの職場へは、初めてなので金沢らしいものを。ひゃくまんさんクッキー
20160815 ひゃくまんさんクッキー.jpg

前職のチームメンバー(元部下たち)へは金沢の茶菓工房たろうの「もりの音・地の香」
20160815 たろう菓子.JPG

自分用には日本海しおチップ
20160815 日本海しおチップ.JPG

例年、お盆を過ぎたあたりから暑さが和らぐのですが、今年はもうしばらく暑い日が続きそう。
体調管理をしっかりせねば。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

北陸も梅雨入り [出身地 北陸]

6月半ば、石川県では最高気温30度を越す真夏日。
日中は半袖でちょうどいいくらい。

土曜は朝から両親のお供で金沢へ。(最近は私が車を運転)

向かった先は浄土真宗本願寺派の寺院、本願寺金沢西別院(京都の西本願寺の別院)。

20160611 西別院.JPG
経典が納められている経蔵、建築が趣がある

この日は朝9時半から「節談説教布教大会IN金沢」という催しが本堂であったのです。
節談説教とは、浄土真宗の法話の形態の一つで、仏教に馴染みのない聴衆にわかりやすく伝えるため、話す文句(説教)に抑揚をつけ浪花節あるいは講談のように語るもの。
初めて聞きましたが、なかなか興味深いものでした。

20160611 節談説教布教大会.JPG
午前と午後にそれぞれ四人ずつの説教

お昼休みは持参した巻きずしや稲荷ずしの弁当やパンを本堂の縁側に腰をおろし、蒸し暑さのなか、吹きぬける風を心地よく感じながら親子水入らずの昼食。なんだかピクニック気分。
昼休み後、私はひとりお寺をぬけて近くの近江町市場へ買い物に。

20160611 近江町市場.JPG

週末とあって観光客でにぎわっていましたが、私は目的のお店へ直行。
母の洋服を買うためにオーミスーパーへ。(このお店、高齢者向けの衣料品の品揃えが豊富なのです)

ささっと買い物を済ませ、市内の裏通りを走る「ふらっとバス」で、金沢町家ゲストハウスあかつき屋へ移動。
兄のお手伝いを少しだけして、義姉の車で最後の説教が始まる時間に間に合うようにお寺にいったん戻り、大会が終わるころに迎えに来てもらった。

両親も加わり、あかつき屋で午後のティータイム。

20160611 水無月.JPG

六月ならではの和菓子、水無月。(これは板屋製)
石川に暮らしていると、お茶にお菓子という習慣はごく普通。さらに、九谷焼の湯のみも普段使い。
大人になり、いろんな文化を見聞きして気づくことだけど、贅沢な文化の中で暮らしていたんだなぁと実感。

今の季節、金沢市街を一望できる卯辰山の中腹にある花菖蒲園では、花菖蒲と紫陽花が見ごろを迎えています。
ずいぶん前に行ったきりだったので久しぶりに行きたいな、と言うと、義姉が快く「では私の車で行きましょう!」と連れていってくれました。感謝。

20160611 卯辰山花菖蒲園1.JPG
八つ橋のそばには睡蓮も咲いています

傾斜の奥のほうまで続いていて下から見上げると紫色の淡いの濃いの、白、黄色とグラデーションとなって綺麗です。
20160611 卯辰山花菖蒲園2.JPG

奥までは歩いて行きませんでしたが、満足。
そして、車窓からしか見られなかったけど、帰宅してからも「花菖蒲、きれいやったね~」と母が何度も口にして喜んでいたのが何よりもうれしかった。

好天続きでしたが、12日の夕刻から雨が降り出し、今日の午前中には、「北陸地方も梅雨入り」というニュースが流れました。
雨でしっとり濡れた花菖蒲はいっそう風情があって目を楽しませてくれるでしょう。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:金沢

富山が面白くなっている [出身地 北陸]

富山へ日帰りのお出かけ。

上野から北陸新幹線かがやきに乗って。
20151212 1上野駅.JPG

車両の一部に荷物置きスペースができていた。長野・北陸方面へはスキー客とかも多いからね。
20151212 2北陸新幹線.JPG

富山駅、何年かぶり。いろいろ変わってた。

広々、すっきりした改札ロビー。
20151212 3富山駅1.JPG

路面電車の乗り場もすぐの場所になっていた。
20151212 3富山駅2.JPG

金沢駅ほどではないけど、芸術的な壁面装飾。(メインは越中八尾のおわら踊り)
20151212 3富山駅3.JPG

地下通路の一角に竹のゴミ?と思ったらアート作品でした。
20151212 3富山駅4.JPG

駅を正面側から見たところ。ライトレール通過。
20151212 4富山路面電車.jpg

街の中心部、総曲輪(そうがわ)・西町(にしちょう)。
市内からは遠くに立山連峰が見えます。
20151212 5富山市内.JPG

入社二年目の勤務地が富山市で、営業のため車を運転していたとき、路面電車も道路を走るので衝突しないかとか、信号のタイミングとか、ドキドキしながら運転したのを思い出します。
それでも、冬の立山連峰が見えるときは辛いことも忘れるくらい、美しい風景だったなぁ。

西町にある和菓子屋さん・月世界本舗で大好きな和菓子をお買いもの。
20151212 6月世界.JPG

屋号にもなっている銘菓月世界。鶏卵と和三盆糖を使った甘い和風メレンゲ菓子といった感じ。
20151212 6月世界1.JPG

初めて見た「まいどはや」というお菓子も。
※富山弁で「こんにちは」「ごめんください」という意味

上の二つのお菓子も富山らしいと思って買ったもの。
富山と言えば、「売薬さん」
(私の実家にも年に一、二回は富山から置き薬の交換のために「売薬さん」が来ていました)
ささぎ餅は、おはぎのようにも見えますが、餅のまわりに「ささげ」という豆を付けたもので、富山・石川の生菓子です。

北陸新幹線開業に伴い作られた新商品の落雁。
20151212 6月世界2.JPG

富山県の観光キャッチコピーは「きときと富山」(最近、空港の愛称も「富山きときと空港」になった)
※「きときと」とは、富山弁で新鮮なという意味。きときとな魚という使い方。

駅構内のお土産売り場もずいぶん変わっていました。

富山名物、白海老。白えび亭の店頭には大きな白えびの山。
20151212 9富山駅2.JPG

こんな地酒とワインの立ち飲み処ができていました。
20151212 9富山駅1.JPG
「ととぼっち揚げ」とは、鮮魚練物。さつま揚げみたいなもの。

帰りの新幹線はくたかの車内で食べた駅弁は三種押し寿司とカニちらしのセット。
20151212 9富山駅3.JPG

昼前に到着して滞在時間6時間ほどでしたが、濃密な充実した半日でした。

20151212 10上野駅1.JPG

行きには気づかなかった上野駅コンコースのクリスマスツリー。
20151212 10上野駅2.JPG


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:富山市

富山県富岩運河環水公園 [出身地 北陸]

最近話題の場所になっている富山県富岩運河環水公園(ふがんうんがかんすいこうえん)に行ってきました。

富山駅北口から徒歩15分ほど。
20151212 8富山駅北側.JPG

夜のライトアップが運河に反射してきれいです。

20151212 7環水公園1.JPG
20151212 7環水公園2.JPG
20151212 7環水公園3.JPG
20151212 7環水公園4.JPG
20151212 7環水公園5.JPG

スターバックスの富山環水公園店は世界一美しいスタバと言われています。

20151212 7環水公園6.JPG
20151212 7環水公園7.JPG

噴水広場では、イベント的なライトアップや音楽に合わせた演出も見られます。

20151212 7環水公園8.JPG
20151212 7環水公園9.JPG

富山にも素敵なスポットができてうれしく思います。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:公園 富山市

両親と奥能登ドライブ [出身地 北陸]

久しぶりに長距離ドライブ。(というか、一人でこんなに長く運転したの初めてかも)

家に閉じこもりがちの母を外に連れ出し、母が病気になって以来、世話に家事に老体にむちうってやってくれている父の気分転換になれば、ということで。
父の希望で「まれ」の舞台、能登輪島から大沢の間垣を見に行くことに。

羽咋から、のと里山海道を通って1時間半弱、輪島に到着。
20150921 輪島ドライブ2.JPG

20150921 輪島ドライブ1.JPG
漆器の町らしく、お椀のマークが歩道脇に

三階建ての建物はこのあたりでよく見られます。
20150921 輪島ドライブ3.JPG

朝市はパスし、さらに車を20分ほど走らせて「まれ」のロケ地になった大沢地区に。
小高い場所から見下ろすと昔の日本の原風景が眼下に。
20150921 輪島ドライブ4大沢.JPG

稲刈りの季節。このあたりでは刈り取った稲を架がけして干す昔ながらの農法をとっています。
20150921 輪島ドライフ5.JPG

下の集落に下りると、そこは間垣集落。
20150921 輪島ドライブ8.JPG

まれ一家が暮らす桶作家。

20150921 輪島ドライブ6.JPG
20150921 輪島ドライブ7.JPG

ドラマの放送最終回も間近なため、もっと観光客で賑わっているかと思いきや、さほどでもありませんでした。
しかし、少し離れた集落では観光バスが停まっていたり、ウォーキングツアーの一行が歩いていたり、それなりに観光客の姿が見られました。

20150921 輪島ドライブ9.JPG
20150921 輪島ドライブ10.JPG

大沢地区には食事処がないので、総持寺がある門前地区まで向かい、遅い昼食。

20150921 輪島ドライブ11門前そば.JPG
自然薯の蕎麦。丸い小皿にのっているのは赤ズイキ、金時草の酢の物

暑い日になったので、帰りのSAでは、能登ミルクとブルーベリーのソフトクリームをおやつに。
20150921 輪島ドライブ13.JPG

帰り道、水墨画をたしなむ父の希望で七尾美術館で長谷川等伯の国宝鑑賞(別の記事で)。

20150921 七尾美術館.JPG
美術館そとの大きな彫刻作品

父は景色や美術鑑賞を楽しんでいたようだけど、母は痛みが辛いのか車の中でもウトウト。

最後は鹿島アルプラザに立ち寄り従兄のお肉屋ですき焼き肉を買い物して無事帰宅。
朝9時半すぎに出発し、夕方17時近くまでのロングドライブでした。

実は、帰宅後、運転の緊張から解放されてドッと疲れが出たのか、猛烈な頭痛に襲われ夕食の支度も何もできずに布団に倒れ込み。
その後、夜中まで嘔吐すること三回。
吐くだけ吐いて(汚くてゴメンなさい、、)、眠るだけ眠り、翌朝はスッキリと早起き。

【おまけ】
北陸新幹線開業、NHK朝ドラ「まれ」放送と、注目を集めている石川県。
「まれ」の洋菓子製作監修をつとめた能登出身のパティシエ辻口博啓のお店Le Musee de H(ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ)でも新しいお土産菓子を売り出しています。

20150923 塩サブレ&塩バウム YUKIZURI.jpg
焼菓子YUKIZURIの包装紙は「祝 北陸新幹線開通」

珠洲の揚浜天然塩を使った「塩サブレ」と「塩バウム」
サブレは輪島の発芽米を入れて香ばしく焼かれ、甘さを引き立てる微かな塩味と昆布の旨味がアクセント。
バウムクーヘンはキャラメルの香ばしい旨味と爽やかなオレンジの香り。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:石川県 能登

近い隣県 [出身地 北陸]

実家がある羽咋市からは金沢へ行く(1時間)よりも近い隣県(富山県)の氷見市(30分)。
母の生まれ育った場所で親戚もあるので毎年必ず一度は行く。

東京に戻る前、午前中に氷見へ買い物へ。

途中、峠越えの手前にあるのが山あいの羽咋市神子原(みこはら)地区。

20150817 神子原.JPG
農産物直売所「神子の里」

実は最近知ったのですが、現在TBSテレビで放映中の日曜劇場「ナポレオンの村」では東京都の架空の村がドラマの舞台になっていますが、実際はこの神子原地区が正真正銘の場所。
そして、原作となった『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』(講談社)を書いた羽咋市役所職員の高野誠鮮さんがドラマの主人公のスーパー公務員。(私と同じ小学校出身、実家とは隣町のお寺の住職も務める方)
この方のアイデア、企画力、熱意、行動力があったからこそ、我が故郷が「UFOの町」と呼ばれるようになり、米のブランド化により限界集落をよみがえらせることになったのです。
(写真の直売所で神子原米で作ったおにぎりを売っています)

話がそれました。

氷見の目的地は番屋街。

父の買い物のお手伝い。魚の干物などを買うため。(外出による母の気分転換も兼ねている)
ここでは物販だけでなく、朝獲りのキトキト(新鮮なの富山弁)の魚介類も売ってます。

20150817 氷見番屋街1.JPG
左上部の魚がノドグロ。小さいもので一尾1700円、大きいもので4500円。やはり高級魚

私はお土産用に子どもの頃から食べている次郎平のきんつば、おがやのぎんなん餅を買い求めました。

20150817 次郎平きんつば&おがや・ぎんなん餅.JPG
素朴な味が懐かしい

富山県は昆布消費日本一の県。

20150817 塩豆・昆布餅.JPG
塩豆入り、切り昆布入りのつきたての餅。ほのかな昆布の塩味が絶妙

少し早い昼食は番屋亭で。

20150817 氷見番屋街2.JPG
大きな真子ガレイの煮魚、コリコリと歯ごたえのあるお刺身。満足&満腹♪

夕食用に、鱒・鯖・海老の三種類の押寿司「いろどり寿し」を買って帰りました。

20150817 いろどり寿し(鱒・鯖・海老).JPG

東京の自宅に戻り、冷やしたロゼのスパークリングワインでほっと一息。
翌日からは一週間ぶりの出社です。

【おまけ】
東京のNatural LAWSONで見つけた故郷の商品。
JAはくいのはとむぎ茶。
香ばしくて普通の麦茶の味よりも好きなんです。

20150828 能登はとむぎ茶.JPG


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

千里浜 夏の風物詩 [出身地 北陸]

能登で生まれ育った私にとっては、朝日は山(東の方角にある)から昇り、夕日は海(西の方角にある)に沈むのが普通だと思っていた。

千里浜に沈む夕日がきれいだという話を聞き、ずっと母が見たいと言っていたので、日没の時間(この日は18時45分)を調べ、久しぶりに見に行こうということで両親と一緒に向かった。

18時38分。日の入り直前。
20150815 千里浜夕日1.JPG

私が子供のころ海水浴に来ていたこの浜は「千里浜なぎさドライブウェイ」と呼ばれ、世界でも珍しい波打ち際の砂浜を車で走ることができる。
しかし、今回もまた衝撃を受けた。
海岸線の浸食が見るたびに進み砂浜が狭くなっていて、車二台がすれ違うのがやっとなくらいの幅しかない状態。

ここにも地球温暖化(水位上昇)の影響が現れている?
海流に乗って流れてくる土砂が減ったのが原因とも。
私が生きている間になくならないでほしい。

20150815 千里浜夕日2.JPG
手前は父の車のボンネット

しばらく車の中から眺めていた母が夕陽を間近に見たいと思ったのかドアを開けたので手をとって下ろしてあげた。
その夜は、「今日はきれいな夕陽も見られたし、幸せな日やった」と喜んでくれた。

暮れていく水平線を見つめながら写真を撮り続けた。
すると、写真家・植田正治のような詩情を醸し出す1点が撮れた。

20150815 千里浜夕日3.JPG
両手でハート形を作ろうとする若い男女。あぁ、青春~

寄せる波と戯れる姉弟
20150815 千里浜夕日7.JPG

おーい、太陽~! 僕も早く大きくなるぞ~!
20150815 千里浜夕日8.JPG

日没時刻が過ぎたので、海を背にして戻ろうとしたところ、少し上がったところ(レストハウスの駐車場)に砂像が並んでいた。

20150815 千里浜砂像4.JPG

薄暮に浮かぶシルエットが美しい
20150815 千里浜砂像1.JPG

近寄っていくと、ちょうど修復作業をしている最中。体力と根気、繊細な技(手作業)が必要だわ。

20150815 千里浜砂像2.JPG

砂の城
20150815 千里浜砂像3.JPG

いつまでも美しい砂浜が存続しますように!


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

沸いてる石川県 [出身地 北陸]

3月の北陸新幹線開業に沸く金沢。

開業に合わせて全国規模のイベントもいろいろと開催されている模様。
20150503 金沢駅東口.JPG

市内をバスで通ったとき、旧石川県庁の前を通過。
(街中の車が意外と少ないのはやはり新幹線での入り込み客が多いということかな)

20150503 しいのき迎賓館.JPG
現在の建物の名称、しいのき迎賓館の名前の由来にもなっている大きな椎木

兼六園下(せせらぎが流れ、緑のトンネルになっている小路、白鳥路の入口)には初代加賀藩主・前田利家公の銅像が。
20150503 前田利家公像@兼六園下.JPG

改装されたJR金沢駅。
乗車までに時間があったので駅ナカ美術館、駅内をブラブラ♪

兼六園口(東口)と金沢港口(西口)をつなぐコンコースには門型の柱12対24本が設置され、能登ヒバや和紙をあしらった柱の内側一つひとつに石川県の伝統工芸の技がはめ込まれています。
20150506 金沢駅2.JPG

天井を見上げると前田藩の梅鉢紋の照明。
20150506 金沢駅4.JPG

観光案内所がある「くつろぎ館」の入口に金沢のキャラクター、ひゃくまんさん…
20150506 金沢駅1.JPG
ゆるキャラとは呼べない。"きもカワイイ"?

お土産売り場「あんと」への壁面(大樋焼の陶壁)や新幹線ホームの柱には生産量日本一の金箔を贅沢に使用。
20150506 金沢駅3.JPG

ホーム待合室にも輪島塗などのミニ伝統工芸品展示。
20150506 金沢駅6.JPG

沸いているのは金沢だけではないのです。
NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まれ」の舞台になっている能登(特に輪島近辺)も盛り上がっています。
20150503 まれポスター.JPG


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:石川県
前の10件 | - 出身地 北陸 ブログトップ