So-net無料ブログ作成

ホイッスラー展 [アート&デザイン]

横浜美術館の開館25周年「ホイッスラー展」を観てきました。

20150221 ホイッスラー展1.JPG

メイン「白のシンフォニー No.2:小さなホワイト・ガール」1864年、テート美術館
右上「紫とバラ色:6つのマークのランゲ・ライゼン」1864年、フィラデルフィア美術館
右中「ノクターン:青と金色―オールド・バターシー・ブリッジ」1872-75年、テート美術館
右下「ライム・リジスの小さなバラ」1895年、ボストン美術館
下中「白のシンフォニー No.3」1865-67年、バーバー美術館(バーミンガム大学附属)
左下「肌色と緑色の黄昏:バルパライソ」1866年、テート美術館

米国マサチューセッツ州生まれの19世紀を代表する画家、ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(James McNeill Whistler 1834-1903)の大回顧展。
20歳でエッチングを学び、21歳で画家を目指してパリに渡りクールベに出会い、写実主義に感銘を受けたあと、25歳でロンドンに移住。都市で働く人々や風景を描いた版画、友人や家族を描いた肖像画で有名になる。
69歳で亡くなるまで、生涯、英仏海峡を往来する「クロス・チャネル」の画家として活動。

ロンドン移住後は、ラファエル前派と親交を深め、物語や教訓を表現するのではなく、色や形の美しさを追求し続け、「芸術のための芸術」(唯美主義)を主導した。
色や形が調和した絵を目指し、シンフォニーやハーモニーといった音楽用語を作品のタイトルに用いた。

一方、日本の浮世絵や工芸品からインスピレーションを得たジャポニスムの画家として知られている。
お椀・団扇・ツツジの花といったモチーフ(上↑のメインの絵)、伝統的な遠近法によらない構図(上↑のテムズ川にかかるオールド・バターシー・ブリッジを描いた絵の構図は、歌川広重の「名所江戸百景」のうち「京橋竹がし」の風景の切り取り方を取り入れている)や、抑えた色彩のグラデーションといったところに日本文化の影響が見てとれる。
着想の元となった浮世絵がホイッスラーの作品と並べて展示されていたのも面白い。

会場構成は次のとおり。
第1章 人物画
第2章 風景画
第3章 ジャポニスム

静かで穏やかな雰囲気、品が感じられる絵。

【おまけ1】
企画展とともにコレクション展も鑑賞。今回気に入った作品二つ。

北久美子(1945年生まれ)「夢想植物園・・・Y」1989年
20150221 横浜美術館1.JPG

奈良美智(1959年生まれ)「春少女」2012年
20150221 横浜美術館2.JPG

【おまけ2】
「ホワイト イルミネーション×ホイッスラー展」
20150221 ホイッスラー展2.JPG

会期中、美術館前の「美術の広場」がホイッスラーの「ホワイト・ガール」をイメージした白いイルミネーションでライトアップされていました。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

タグ:西洋絵画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0