So-net無料ブログ作成

メディチ家の至宝 [アート&デザイン]

白金台の東京都庭園美術館で「メディチ家の至宝 ルネサンスのジュエリーと名画」を観てきました。

20160504 メディチ家の至宝.jpg

ルネサンス文化発祥の地、フィレンツェ。
銀行家として財をなし、フィレンツェに300年にわたって君臨したメディチ家。
優れた芸術家たちの強力な擁護者となった一族の名は、ルネサンス芸術の代名詞といっても過言ではありません。

本展では、ブロンズィーノをはじめとする宮廷画家たちの手になる肖像画や、一族を華々しく彩ったルネサンス・ジュエリー等を一堂に展覧。
メディチ家に伝わる珠玉のコレクションを紹介する、日本国内初の展覧会です。

20160504 メディチ家の至宝1.JPG

会場構成。
第1章 神話の誕生:ロレンツォ・イル・マニフィコ(大ロレンツォ 1449-1492)
 イル・マニフィコとは、偉大な人、殿、閣下という意味。
第2章 トスカーナ大公の芸術:コジモ2世
 ヨーロッパで最初の美術アカデミーを創設した。
第3章 マニエリスムの自然と技巧:第2代トスカーナ大公、フランチェスコ1世
第4章 2人のフランス王妃:カテリーナとマリア
 フィレンツェ=ジェラートの発祥の地とされるが、カテリーナがアイスクリームをもたらした。
 マリアは、ルーベンスに壮大な障害の物語を描かせた。
第5章 ピッティ宮殿の栄華:フェルディナンド1世(第3代トスカーナ大公)からコジモ3世まで
 以降、メディチ家は衰退し、あらゆる意味で黄昏を迎えた。
第6章 黄金のたそがれ:ジャン・ガストネとアンナ・マリア・ルイーザ
 アンナ・マリア・ルイーザはメディチ家最後の生き残り。
 遺言によって「フィレンツェから持ち出さない、そして一般に公開する」ことを条件に、すべての美術品をトスカーナ大公に遺贈した。これによって散逸を免れたメディチ家コレクションが現在のウフィツィ美術館等のもとを築いたのは彼女のおかげ。

鑑賞メモ。
カメオは、像が陽刻(浮彫)されたもの。陰刻(沈彫)されたものはインタリオという。

【おまけ】
アート鑑賞後はジムで運動。の前に、ロビーのレストランで食事。

20160504 豚生姜焼き定食.JPG

今回の展覧会のドレスコード割引はパール。ということで、私も人工真珠の指輪を身につけて行きました。
日焼け防止用のストール(テーブル奥のピンク色っぽいの)は偶然にもフィレンツェに旅行した時(2008年3月)に街中の露店で買ったもの。

★2016アート鑑賞カウント 40★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

タグ:宝飾品
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0