So-net無料ブログ作成

びょうぶとあそぶ [アート&デザイン]

上野の東京国立博物館 本館 特別4室・5室で親と子のギャラリー「びょうぶとあそぶ」を観てきました。(7月4日~9月3日)

第1会場(特別5室)では、長谷川等伯の国宝「松林図屏風」、第2会場(特別4室)では、尾形光琳の「群鶴図屏風」の高精細複製と映像インスタレーションで体感する日本美術の体験型展示。

入口からアプローチ(松林の道)を進んでいくと、風の音、波の音、鳥の声、湿った空気感や林の中を吹きぬける風の動きも感じられそう。

会場に入ると、大きな弧をえがくスクリーンの前に松林図屏風が置かれ、松林にたちこめる靄。
20170826 東博・屏風1.JPG

音楽が聞こえ、カラスが飛び交っていきます。

次の会場では、スクリーンの左から右へ鶴がゆったりと羽ばたいていきます。
20170826 東博・屏風2.JPG

降り立ったかと思うと、屏風の中の群れに入っていくかのようです。
20170826 東博・屏風3.JPG


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。