So-net無料ブログ作成

没後50年 藤田嗣治展 [アート&デザイン]

上野の東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」を観てきました。

20181008 藤田嗣治展1.jpg
(最終日とあって入場待ちあり。開場間もない10時ごろで20分ほど)

明治半ば(1886年)に日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得しレオナール・フジタとして亡くなった(1968年)藤田嗣治の大回顧展。

これまでも何度もの展覧会、いくつもの作品を見、彼の映画も見てきていますが、やはり何度でも見たくなる画家の一人です。

会場構成は次のとおり。

Ⅰ 原風景 -家族と風景
Ⅱ はじまりのパリ -第一次世界大戦をはさんで
Ⅲ 1920年代の自画像と肖像 -「時代」をまとうひとの姿
Ⅳ 「乳白色の裸婦」の時代
Ⅴ 1930年代・旅する画家 -北米・中南米・アジア
Ⅵ-1 「歴史」に直面する -二度目の「大戦」との遭遇
Ⅵー2 「歴史」に直面する -作戦記録画へ
Ⅶ 戦後の20年 -東京・ニューヨーク・パリ
Ⅷ カトリックへの道行き

日本初公開の作品もあり、やはり毎回、新しい発見があります。

ただ、実は私、「乳白色の裸婦」も素晴らしいと思うのですが、フジタの描く子どもたちが好きなのです。

画伯のマスコット人形付きキーホルダーがショップでは売り切れになるほど人気でした。
20181008 藤田嗣治展2.jpg

【おまけ】
鑑賞後のランチは、美術館2階のレストラン上野精養軒で。

昔ながらのナポリタン。海老とマッシュルームたっぷり。粉チーズとタバスコをかけて~
20181008 昔ながらのナポリタン.jpg

そして、次の目的地・東銀座へ日比谷線で移動するため上野駅地下通路を歩いていると、上野の風景をあらわしたステンドグラスを見つけました。

20181008 上野駅ステンドグラス.jpg


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。