So-net無料ブログ作成

オンネリとアンネリのふゆ [シアター&シネマ]

映画「オンネリとアンネリのふゆ」を観てきました。

20181229 オンネリとアンネリのふゆ.jpg
恵比寿ガーデンシネマにて(スクリーン2、2P割引料金1000円)

監督:サーラ・カンテル
衣装:アウリ・トゥルティアイネン
出演:アーヴァ・メリカント(オンネリ/黒髪の女の子)
   リリャ・レフト(アンネリ/金髪の女の子)
   エイヤ・アフヴォ(バラの木夫人)
   ヤッコ・サアリルアマ(リキネン/おまわりさん)
   ヨハンナ・アフ・ジュルテン(ウメ・ボーシュ/ちょっと怖いお隣さん)
   エリナ・クニヒディラ(ノッポティーナ/魔法を使える隣人姉妹の背が高いほう)
   キティ・コッコネン(プクティーナ/魔法を使える隣人姉妹のポッチャリしたほう)他

原題:Onneli ja Anneli talvi(英語:Jill and Joy's Winter)
2015年、フィンランド、フィンランド語、81分

フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミの児童文学「オンネリとアンネリ」シリーズの実写映画化の第2弾。
前作から一年後の冬の物語。

クリスマスが近いある日。
二人の可愛いおうちにプティッチャネンというコビトの一族の家族がバラの木夫人を訪ねてやってきた。
彼らをつかまえようとする悪い人間たちから逃げているとのことで、二人は夫人の居場所がわかるまで、ドールハウスに家族をかくまうことに。
しかし、お金に困っているガソリンスタンド店の夫婦がコビト家族の存在に気づいて、、、

今回もまた可愛さとユーモアと愛情があふれる夢のストーリーにひきこまれてしまいました。
もちろん、二人のファッションやインテリアは相変わらずのキュートさ。

ロビーでは、クリスマスに合わせて登場人物を紹介するアドベントカレンダーのポスターが置かれていました。

20181229 オンネリとアンネリのふゆ1.jpg

実はクリスマス前後に休暇をとってフィンランドへオーロラを見に行く旅行を申し込んでいたのですが、満席。残念ながらキャンセル待ちにも空きがでず旅行は断念。
いつか訪れたい憧れの場所の一つがフィンランドなのです。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。