So-net無料ブログ作成

シネマ歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」 [シアター&シネマ]

シネマ歌舞伎「野田版 桜の森の満開の下」を観てきました。

20190414 野田版桜の森の満開の下.jpg
東銀座の東劇にて(特別料金2100円のところムビチケ1800円)

月イチ歌舞伎2019-20シーズンの第1作、新作上映です。

野田秀樹が坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」を下敷きに書き下ろした伝説の舞台『贋作・桜の森の満開の下』の歌舞伎化。

配役:
耳男:中村 勘九郎
オオアマ:市川 染五郎(現:松本 幸四郎)
夜長姫:中村 七之助
早寝姫:中村 梅枝
ハンニャ:坂東 巳之助
アナマロ:坂東 新悟
ビッコの女:中村 児太郎
左カタメ:中村 虎之介
右カタメ:市川 弘太郎
エナコ:中村 芝のぶ
マネマロ:中村 梅花
青名人:中村 吉之丞
マナコ:市川 猿弥
赤名人:片岡 亀蔵
エンマ:坂東 彌十郎
ヒダの王:中村 扇雀

上演月:2017(平成29)年8月
上演劇場:歌舞伎座
上映時間:133分

衣装:ひびのこづえ

<あらすじ(サイトから引用)>
深い深い桜の森。時は天智天皇が治める時代。
ヒダの王家の王の下に、三人のヒダの匠の名人が集められる。その名は、耳男、マナコ、そしてオオアマ。
ヒダの王は三人に、娘である夜長姫と早寝姫を守る仏像の彫刻を競い合うことを命じるが、 実は三人はそれぞれ素性を隠し、名人の身分を偽っているのだった。
そんな三人に与えられた期限は3年、夜長姫の16歳の正月まで。
やがて3年の月日が経ち、三人が仏像を完成させたとき、それぞれの思惑が交錯し...。

野田演出独特の早いテンポでの台詞回し、言葉遊び(かけ言葉?ダジャレ?)、コミカルな動きあり。
でもなぜでしょう、盛り上がり(変化)がないというか単調というか、途中で何度か寝落ち。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。