So-net無料ブログ作成

2017年3月帰省 家族の絆 [日記]

三連休で帰省の土曜の朝。
金沢の繁華街、片町の安ホテルで一緒に泊まった友人と別れ、兄の町家ゲストハウスに向かうべく街中に出た。

かつてはラブロと呼んでいたショッピング施設が新しく建て替えられていて(片町きらら)見違えるような場所になっていて衝撃。
時間がなかったから中には入らなかったけど。
20170318 片町きらら.JPG

ゲストハウス「あかつき屋」の玄関も春らしい装いに。

20170320 あかつき屋1.JPG
金沢美大を卒業する女子学生がデザインの桜と暁をイメージしたもの

手前に敷いてあるのは滑り止めの筵(むしろ)。
上がりの間には、この季節恒例となった、母の花嫁のれんと雛人形の飾りつけ。

20170320 あかつき屋2.JPG

兄のサポートをしたあと、両親が待つ老人ホームへ。
冬の寒さが終わって幾分過ごしやすくなってきたので、母も連れて久しぶりに実家に行くことに。
JRの電車に乗ること一時間。車窓を眺めながら三人でおしゃべり。
実家の最寄り駅に着き、タクシーで実家へ。
簡単に昼食を済ませ、近所の親戚のおばさんも一緒に私が運転する車で門徒になっている隣町のお寺に行きました。(今回、実家に戻った目的)

二時間ほどお参り。
20170318 専勝寺.JPG

しばし法話に耳を傾けました。
「信」とは何か、幸せとは何か。
非日常の世界で、普段とは異なる時間を過ごすのも悪くないな、と思うのは私も年を重ねた証拠?

実家に戻り、夕食前にスーパーへ。(買い物のほか、敷地内にあるコイン精米機で精米するため)
運転席から正面を見ると妙に大きく真っ赤な太陽が沈もうとしているところでした。

20170318 夕陽.JPG
肉眼だともっと大きくハッキリ見えたのだけど

母にとってはお正月以来の帰宅。(父は時々帰っていた)
玄関先でお向かいの人と懐かしそうに話をしたり、庭の紅梅がほころんでいるのを眺めたりして嬉しそう。(主はいなくても草木は花を咲かせて待っていてくれました)

20170319 実家の紅梅.JPG20170319 実家のリュウキンカ.JPG20170319 実家の椿.JPG

夕方、義姉が迎えに来てくれ金沢に戻り、夕食は焼肉!

90歳近い両親(特に母)は大の肉好き。(老人ホームの食事では物足りないらしい)
20170319 焼肉なんば亭.JPG

今回の帰省、最終日。
午前中は両親の部屋で溜まっていた郵便物や衣類などを整理し、週に一度入ってもらう清掃ではしてもらえない水回りの掃除など。
(自分の部屋の掃除のほうが行き届いていない現実、、)
お昼前に兄のところで簡単に用事を済ませ、兄・義姉とともに昼食に出かけることに。

20170320 春天おろし蕎麦.jpg
春の山菜天ぷら、おろし蕎麦が美味しかった~

三人で両親の介護のことなどを話す。
(介護はプロジェクトとしてチームで取り組むべし)
実家にいたときはケアマネジャーの方や近所の親戚と、老人ホームに入居した今は生活相談のスタッフの方とも連携して。
時々実家に帰ったときはできるだけ近所の方に電話や対面で話す機会をもって、つながりを保つように心がけています。

現在のモットーは、「できる人が、できる時に、できる事をする」
近くにいる兄・義姉は毎日のように両親のところに顔を出して話し相手になったり、外出(外食)に連れ出してくれ、離れている私は時々帰って二人ができないような片づけものをする。
皆で一つのプロジェクトに取り組んでいると思えば、気持ちの持ちようも違います。
共通の目標は、両親にできるだけ快適に余生を送ってもらうこと。

昼食後、リンゴの花が咲いているからと、義姉が郊外の高台までドライブに連れて行ってくれました。
両親も、車窓からではあっても広々とした外の景色を眺めるのは気分転換になった様子。

20170320 実家の水仙.JPG
実家の裏から持ってきた水仙

今回もあっという間に時間が過ぎ、東京に戻る時間に。(次回からは変容する金沢をもっと楽しみたいな)

20170320 中田屋きんつば(うぐいす・さくら).JPG

北陸新幹線車内のオヤツ♪
金沢銘菓の一つ、中田屋のきんつば(期間限定うぐいす、さくら)と飲み物は加賀棒茶。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。