So-net無料ブログ作成

METライブビューイング2018-19 オペラ「西部の娘」 [シアター&シネマ]

東銀座の東劇でMETライブビューイング2018-19の第3作、プッチーニ(Puccini)の「西部の娘(La Fanciulla del West)」を観てきました。(ムビチケ料金3100円)

20181212 西部の娘.jpg

指揮:マルコ・アルミリアート
演出:ダジャンカルロ・デル・モナコ
出演:ミニー:エヴァ=マリア・ヴェストブルック(ソプラノ)
   ディック・ジョンソン:ヨナス・カウフマン(テノール)
   ジャック・ランス:ジェリコ・ルチッチ(バリトン)
   ニック:カルロ・ボージ(テノール)
   アシュビー:マシュー・ローズ(バス) ほか

上映時間:3時間30分(休憩2回、全3幕)
ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)上演日:2018年10月17日
言語:イタリア語

<あらすじ>
19世紀半ば、ゴールドラッシュに沸くカリフォルニア。
酒場ポルカの女主人で、鉱夫たちのマドンナでもあるミニーは、初めて酒場に現れたディック・ジョンソンと惹かれ合う。実はジョンソンは盗賊団のボス、ラメレスだった。
ミニーに気がある保安官ランスは彼の正体をミニーに明かすが、彼女は撃たれたジョンソンをかくまい、彼の命を賭けてランスとカードの勝負をする。
危うく勝ち抜けたミニーはジョンソンを逃すが、彼は盗賊団を恨む鉱夫たちに捕まり、ランスの前に引き出された。
死を覚悟し、ミニーへの伝言を口にするジョンソン。そこへミニーが現れ…。

カウフマンはチョイ悪オヤジにピッタリのイメージ。
ルチッチは申し訳ないけど悪党にピッタリ。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:オペラ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。