So-net無料ブログ作成

梅咲いてます [日記]

今週は勤務先ビルのテナントでランチしてばかり。

今日はイタリアンのbondolfi boncaffeにてサラダボール。大きい!
20190131 サラダボール.jpg

豆と穀物がミックスされたサラダにパンが二切れ。これで1200円。
お腹はいっぱいにはなるから満足だけど、同じくテナントのBistro Buzzのサラダプレートは野菜だけでなく、お肉やゆで卵ものって1000円だから、満足度もお得度も優位。

食べ終わって庭を通って戻る途中に白梅が咲いているのを見つけました。

20190131 梅.jpg

着実に春に向かっています。


ランキング参加中。ポチっと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019 くるみ割り人形 [シアター&シネマ]

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019 第2作品「くるみ割り人形(THE NUTCRACKER)」を観てきました。

20190130 くるみ割り人形.jpg
TOHOシネマズ上野にて(特別料金3600円)

【上映時間:147分(休憩1回、全2幕)】 2018年12月23日収録 ※新作

音楽:ピョートル・チャイコフスキー
振付:ユーリー・グリゴロ―ヴィチ
台本:ユーリー・グリゴロ―ヴィチ
出演:マルガリータ・シュライナー(マリー)
   セミョーン・チュージン(くるみ割り人形)
   デニス・サーヴィン(ドロッセルマイヤー)
   アレクサンドル・ヴォドペトフ(ネズミの王)
   ボリショイ・コール・ド・バレエ
監督:イザベル・ジュリアン

英国ロイヤルバレエの演出に見慣れているので、異なる演出に新鮮な印象を受けました。
(実は前回、Season2015-2016で見た時の感想は「ボリショイバレエは私の好みからは遠いかも」でしたが、今回は新作ということもあってか、英国ROHのほうが好きだけど、これもアリかも)

【おまけ】
鑑賞の前にシネマが入っている松坂屋上野店の茶寮伊藤園でミックス白玉あずきソフトクリーム(530円)をいただきました。

20190130 抹茶&ほうじ茶ソフトクリーム.jpg


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

まんぷく [日記]

NHKの連続テレビ小説「まんぷく」
今週はようやくラーメン作りが始まりました。

見ているうちにチキンラーメンが食べたくなってきたので、今夜は日清の「元祖鶏ガラチキンラーメン」を夕食とすることに。

20190129 チキンラーメン1.jpg

インスタントラーメン発明60周年。(1958年に即席めんチキンラーメン発明)
20190129 チキンラーメン2.jpg

丼に麺を入れてお湯を注いでフタをして作る袋入りチキンラーメンを食べたときも思ったのですが、あの薄い醤油味スープみたいなのは私の好みではなく、、
テレビでも松坂慶子さん演じるお母さんが「私はおいしいと思わない」と言っているのに同意。

やはり私には1971年に発明された世界初のカップめん、カップヌードルのほうが口に合います。

【おまけ】
今日のランチも勤務先ビルのテナントのお店で。

ハンバーグプレート。フライドポテトが外側カリッとしていて美味しい。
20190129 ハンバーグプレート.jpg

今日も満腹。


ランキング参加中。ポチっと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

寒い [日記]

今週は寒い日が続きそう。
寒中だから当然と言えば当然なのですが。

ランチは寒くて出かける気にならず、勤務先ビルのテナントのお店で。

すき煮風ライス。
20190128 すき煮風ライス.jpg

夜も出かけずに帰宅。
溜まりに溜まっている過去記事を少しずつ振り返りながら記録しています。

先日行ってきたカンボジア旅行記も始めました。
まだプロローグだけですが。
続きは乞うご期待!


ランキング参加中。ポチっと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ! [シアター&シネマ]

映画「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」を観てきました。

20190127 マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!.jpg
ル・シネマにて(日曜最終回割引料金1100円)渋谷Bunkamura30周年記念

監督:デイヴィッド・バッティ
ナビゲーター、プロデューサー:マイケル・ケイン
出演:マイケル・ケイン、デイヴィッド・ベイリー、ポール・マッカートニー、
   ツィギー、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、マリアンヌ・フェイスフル 他

原題:My Generation
2017年、イギリス、英語、85分
字幕監修:ピーター・バラカン

ミニスカート、ボブ・ヘアー、そしてロックンロール。
初めて若者たちによって未来が作られた60年代のイギリス。
今なお世界に影響を与えるUKストリートカルチャー“スウィンギング・ロンドン”の誕生と熱狂を、貴重なアーカイブ映像と楽曲満載で描くドキュメンタリー映画。

先日のヴィヴィアン・ウエストウッド、上映開始2か月経っても人気が増すばかりのクイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」など、いま、イギリス・カルチャーが来てる!
そして、私が生まれた頃(1960年代後半)と完全にシンクロ。

ツィギーのミニスカート、ヴィダルサスーンのシャープなヘアカット、今見ても素敵。

【おまけ】
映画帰りに久しぶりに渋谷西村フルーツパーラーへ。

ストロベリーパフェ(1400円)
20190127 苺パフェ.jpg
苺5個、バニラと苺のアイスクリーム、苺のジュレ

苺の季節ですよね~ 乙女な気分♪

店内は不思議と男性連れで食べているテーブルがいくつも見られました。
いや、不思議じゃないよね。ラーメン屋に女一人で行くようなものよね。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

カップヌードル&どん兵衛 SPICE CURRY [定点観測 ハーゲンダッツほか]

日清のカップヌードルの定点観測。

SPICE CURRYのCup Noodleとどん兵衛。(焼そばUFOもあるようです)

20190122 CupNoodle&どん兵衛スパイスカレー.jpg

大阪発祥の今話題のスパイスカレーをとりいれたということで、カップヌードルはスパイスチキンカレー、どん兵衛はWだしカレーうどん。

どちらも「クセになる あとがけ本格スパイス」が付いています。
20190122 CupNoodleスパイスカレー.jpg
スパイスがあるとないとでは味が違う

寒い冬はお腹の中から温まらないとね。辛いだけでなく美味しい。

【おまけ】
日清食品がスポンサーになっているプロテニスの大坂なおみ選手。
昨年9月の全米オープンで優勝したのに続き、全豪オープンの女子シングルスでも今日優勝し、世界ランキング1位になった。
試合の開始前から表彰式のスピーチまで、ずっとテレビ観戦しながら応援。
相変わらずシャイな笑顔と謙虚な態度、可愛い仕草と声に魅了されます。
一気にトップに駆け上ったけど、まだまだ成長途上。
これからの益々の活躍を応援し続けます。
同じく、日清食品スポンサーの錦織圭選手も頑張ってほしい。
(あー、7月にウィンブルドンの現場で応援したくなってきた~)


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 [シアター&シネマ]

映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を観てきました。

20190125 ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生.jpg
丸の内ピカデリーにて(シアター2、プレミアムフライデー会員料金1100円)

監督:デビッド・イェーツ
出演:エディ・レッドメイン(魔法動物学者 ニュート・スキャマンダー)
   ジョニー・デップ(黒い魔法使い グリンデルバルド)
   ジュード・ロウ(ホグワーツ魔法魔術学校のニュートの恩師、若き日のダンブルドア先生)
   カラム・ターナー(ニュートの兄)   他

原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald
原作者:J・K・ローリング(『ハリー・ポッター』シリーズ)
2018年、アメリカ、英語、134分

捕らえられていた強大な敵、"黒い魔法使い"ことグリンデルワルドが逃げ出したことを知り、恩師のダンブルドア先生から「倒せるのは君だけだ」と告げられるニュート。
魔法界と人間界を支配しようと企む黒い魔法使いに立ち向かおうと向かった先はパリーー。

今回のストーリー。全体的に暗いし、複雑な感じで1作目に比べてエンターテインメント性が低く感じられました。
もちろん、イタズラ好きな魔法動物(ビースト)たちが随所に登場して癒してくれましたが。
(今回は日本の河童も登場)
そして、ジョニー・デップとジュード・ロウの二人が独特のいい雰囲気を醸し出していました。


【おまけ】
映画鑑賞の前に、丸の内ピカデリーが入っているルミネ有楽町で夕食を。

20190125 bibliotheque.jpg

LUMINE1の3階、cafe&booksbibliothequeで美食家シーフードサラダをグラスワインと一緒に。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

用心 [日記]

巷にインフルエンザが流行り始めています。

私の部下も子どもがインフルのため会社を休むことに。
予防接種をしていない私は、数日前から外出の際は大きなマスクをすることにしました。
外出先から室内に戻ったときや、トイレに行く度、石鹸で入念な手洗いとウガイも。
大人になってから40度近い高熱は耐えられそうもないので、用心用心。

身体を休めることも大切なので、今夜は夜遊びせずに帰宅することに。
夕食は、種類が豊富なデリ、PARIYAで持ち帰り弁当を。

20190124 PARIYA.jpg
ご飯なしで1026円。レモンチェッロを真似たライムチェッロと一緒に~

ぶり大根、キャベツの山椒マリネ、蓮根のゴルゴンゾーラチーズとクレソンのサラダ。
野菜をたっぷり摂れバランスがいいだけでなく、具材の切り方が大きくて(タニタ方式?)、噛みごたえがあるので、顎の運動にもなって良い。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

私は、マリア・カラス [シアター&シネマ]

日比谷のTOHOシネマズシャンテで映画「私は、マリア・カラス」を観てきました。

20190123 私は、マリア・カラス.jpg
(レディースデイ1100円)

原題:MARIA BY CALLAS
監督:トム・ヴォルフ
朗読:ファニー・アルダン
2017年、フランス、英語・フランス語、114分
字幕翻訳:古田由紀子

圧倒的な歌唱力、役柄に憑依する女優としての才能、20世紀を代表するオペラ歌手でありカリスマ的存在のマリア・カラス。
28歳年上の男性との結婚、大統領やセレブも駆けつけたローマ歌劇場の舞台を第一幕で降りたことへのバッシング、メトロポリタン歌劇場の支配人とのバトル、ギリシャの大富豪オナシスとの大恋愛、そのオナシスが元ケネディ米国大統領夫人ジャッキーと結婚したことを新聞報道で知るという衝撃。
世界的スターとしての華やかな表向きとは裏腹に、一人のプロフェッショナルの女性としての信念と葛藤、孤独、愛を求める苦悩、哀しみ。

没後40年にして見つかった未完の自叙伝、さらにインタビューなどの未公開映像・音源、封印されたラブレターなどが初めて解禁。
波瀾万丈、ドラマティックなマリア・カラスの人生や数々の伝説が、マリア・カラス本人の歌と言葉だけで綴られるドキュメンタリー。

映画の中で彼女の歌唱が聴けるのも貴重。
「トスカ」より"歌に生き、恋に生き"(プッチーニ)
「ノルマ」より"清らかな女神よ"(ベッリーニ)
「椿姫」より"さようなら、過ぎ去った日々よ"(ヴェルディ)
「カルメン」より"恋は野の鳥"(ビゼー)
「ジャンニ・スキッキ」より"私のお父さん"(プッチーニ)  他

1977年9月、パリの自宅で心臓発作により死亡。
その時、彼女は53歳。
今の私と同じ年齢。若すぎます。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

姉たち [つぶやき]

雑誌を買わなくなって久しいですが、つい先日、近所のコンビニに入ったとき、雑誌コーナーのタイトルがふと目に入った。

「これから10年」のこと 姉たちのことば。
20190122 HERS1.jpg

孔子が晩年に振り返って言ったことばとして『論語』に次のように書かれている。
「子曰く、吾十有五にして学に志す、(私は十五才で学問を志し、)
 三十にして立つ、(三十才で学問の基礎ができて自立でき、)
 四十にして惑わず、(四十才になり迷うことがなくなった。)
 五十にして天命を知る、(五十才には天から与えられた使命を知り、)
 六十にして耳順う、(六十才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになり、)
 七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず
 (七十才で思うままに生きても人の道から外れるようなことはなくなった)」
                    <「故事ことわざ辞典」より引用>

20190122 HERS2.jpg

「姉たちのことば」をいくつかご紹介。

●人生、楽しみましょ♡(萬田久子)
●失敗だらけの人生。でも曲がり角の先にはいいものがある(中園ミホ)
●「自由」のためにまずは体力作りを(風吹ジュン)
●これまでの蓄積から自信を得た50代は潮が満ちてくる時(岸恵子)
●50過ぎたら姉も妹もないよね(松任谷由実)
●50代は「抗う」と「受け入れる」の使い分けが大切よ(坂上みき)

男性、女性、性別に関係なく、いくつになっても自分磨きをしている人、イキイキと前向きな姿勢の人は素敵だなと思います。
私の周りにもそんな年上の先輩たちがいて、元気な姿を見せてくれるのはありがたいこと。

人生100年時代と呼ばれるようになった今、"HERS世代"(50代)の私としても、まだ折り返し地点を過ぎたところだから、これまでの経験や積み重ねをベースに、まだまだ何かを始められる・できるのでは、と思っています。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:人生
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感