So-net無料ブログ作成

華ひらく皇室文化 明治宮廷を彩る技と美 [アート&デザイン]

六本木一丁目の泉屋博古館分館で明治150年記念「華ひらく皇室文化 明治宮廷を彩る技と美」を観てきました。

20190510 華ひらく皇室文化1.jpg

展覧会概要(公式サイトより)
明治時代、諸外国との外交のために皇室では洋装を採り入れ、洋食にて国賓をもてなしました。
また、伝統文化の保護のため、「帝室」(皇室)が「技芸」(美術)の制作を奨励する「帝室技芸員」制度が誕生します。
美術界の最高の栄誉とされた彼らの作品は、日本文化の象徴として海外でも賞賛されます。
宮中晩餐会の食器、ボンボニエールなど華やかな宮廷文化と、明治皇室が守り伝えようとした日本の技と美を紹介します。

写真撮影可だった品。
20190510 華ひらく皇室文化2.jpg 
左:夕景~菖蒲華文・棗
奥:金羽文小筥~小鳥たちのコロニー
右:梅花文宝石入小箱

共催展として、学習院大学史料館でも同様の展示がありましたが、残念ながら見送り。
20190510 華ひらく皇室文化.jpg

【おまけ】
泉屋博古館分館の展覧会、最終日となっての訪問となりました。

日替わりランチ(ヒレカツと玉ネギの串カツ、ロースカツ、エビフライ)、1350円
20190510 金沢かつぞう.jpg

お昼休みを延長しての鑑賞後、近くのアーク森ビル3階の金沢かつぞうでランチを食べて会社に戻りました。
心もお腹も満たされて、週末前の午後の仕事に頑張れました。


ランキング参加中。ポチっと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

タグ:工芸 皇室
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート