So-net無料ブログ作成

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019 黄金時代 [シアター&シネマ]

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2018-2019 第6作品「黄金時代(THE GOLDEN AGE)」を観てきました。

20190529 ボリショイバレエ黄金時代.jpg
T.ジョイPrince品川にて(特別料金3600円)

【上映時間:137分(休憩1回、全2幕)】 2016年10月16日収録

音楽:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
振付:ユーリー・グリゴロ―ヴィチ
台本:ユーリー・グリゴロ―ヴィチ、イサーク・グリークマン
出演:ニーナ・カプツォーワ(リタ)
   ルスラン・スクヴォルツォフ(ボリス)
   ミハイル・ロブーヒン(ヤーシュカ)
   エカテリーナ・クリサノワ(リューシュカ)
監督:ヴァンサン・バタイヨン

<作品紹介(公式サイトより)>
1920年代、酒場「黄金時代」には毎晩雑多な人が集まってくる。
若い漁師ボリスはリタに一目惚れ。
酒場までリタの後をつけたボリスは彼女が店の美しい踊り子「マドモアゼル・マーゴ」であることを知るが、ギャングの親玉ヤーシュカもリタに目をつけていることに気づき……。

ショスタコーヴィチのジャズ風の旋律と美しいタンゴが醸し出すミュージックホールの雰囲気の「黄金時代」は色彩豊かな狂乱の1920年代に私たちをタイムスリップさせます。
ボリショイだけで観られる歴史的なバレエ。

バレエを観ているというよりもまるでミュージカル、そう「ウエストサイド物語」を観ているかのような錯覚に陥りました。
ドラマティックであり、ちょっとエロティックでもあり。
ダンサーは踊りとともに演技も求められる演目のように感じました。

【おまけ】
品川駅高輪口から映画館T.ジョイPrince品川へ向かう途中、秋田県のアンテナショップあきた美彩館に立ち寄りお買いもの。

20190529 秋田なまはげアイス.jpg

いぶりがっこ、若返り饅頭の他、男鹿のなまはげアイスという地元のおばあさんたちが道路沿いでヘラで盛り付けているサクサクした食感のアイスクリーム(レモンとイチゴ味の二種類のアイスが薔薇の花のよう)を買って鑑賞前にいただきました。あっさりと美味しい。

【備忘メモ】
今日のランチは小エビとセミドライトマトのプッタネスカ。
20190529 小エビとセミドライトマトのプッタネスカ.jpg

プッタネスカとは、ナポリ発祥とされる「娼婦風」と呼ばれるパスタ。
アンチョビとニンニク、赤唐辛子(鷹の爪)、ケッパー、ブラックオリーブなどを入れて作る塩味と辛みの刺激的な味わいのスパゲティ。


ランキング参加中。ポチッと応援してくれたら、うれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。