So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ミュージック ブログトップ
前の10件 | -

仲道郁代 ピアノ・リサイタル ベートーヴェンと極めるピアノ道 vol. 1 [ミュージック]

Road to 2027「仲道郁代 ピアノ・リサイタル」ベートーヴェンと極めるピアノ道 vol. 1 (全10回)に行ってきました。

20180430 仲道郁代ピアノ・リサイタル.jpg
サントリーホール 大ホール(A席優待3800円)2階5列25番(ステージの背面、ほぼ中央)

公演に寄せての言葉。(公演チラシより引用)
「ピアノ道を極める」

ベートーヴェン。
彼の影響を受けなかった作曲家はいないでしょう。

ベートーヴェンを、読み、聴き、弾く。
ベートーヴェンを、考える。

そこに見えてくるのは、音楽の根本です。

ベートーヴェンが軸となることで見えてくる、ピアノ曲の偉大な世界。
それを10年かけて、深めていきたいのです。

ここから始まります。

今年のテーマは「パッションと理性」。 
ベートーヴェンと、モーツァルト、そしてブラームス。
三人の作品から、私はどんな世界を浮かび上がらせることができるのか。

ここから始まる10年の道のりを、
みなさまにご一緒頂けましたら嬉しいです。


2027年はベートーヴェンの没後200年の年。また仲道さんのデビュー40周年でもある記念の年。
そこで今年から10年間のリサイタルシリーズをスタートさせたとのこと。
これは言ってみれば、「10年間、私は元気にピアノを弾き続けます」というコミットメントを表明したということ。覚悟の表れ。
今回演奏に使用したピアノは、仲道郁代さんの自宅から運んできたニューヨーク・スタインウェイ製。そんなところにもこのシリーズに対する意気込みが感じられたような気がします。

<曲目>
モーツァルト:ピアノ・ソナタ  第8番 イ短調 K. 310
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番「熱情」 ヘ短調 Op. 57
ブラームス:ピアノ・ソナタ 第3番 ヘ短調 Op. 5

<アンコール>
ブラームス:6つの小品 Op.118より第2番 "間奏曲" イ長調
エルガー:愛の挨拶 Op.12

仲道さんは、私が毎週欠かさず録画して見ているNHK Eテレの音楽番組「らららクラシック」にも時々ゲストとして登場し、演奏だけでなく曲にまつわる話をわかりやすく解説してくれるのが毎回楽しみです。
今回のコンサートでも、演奏を始める前に独特の柔らかい語り口でシリーズを始める思いや演奏する曲目について説明してくれました。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:ピアノ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

風と緑のコンサート2018 [ミュージック]

勤務先のオフィスが入っている赤坂インターシティAIRで素敵な催しがありました。

「風と緑のコンサート2018」
20180330 風と緑のコンサート1.jpg
ガラス窓の向こうには満開の桜が望めます

ランチどき、外に出ようとエレベータを降りてオフィスロビーに着いたら聞こえてきたヴィヴァルディの「四季」より春の第1楽章のメロディ。

コンサートの昼の部(12:10~12:40)は女性四人の奏者による弦楽四重奏(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)。
昼休憩の時間が限られているので後ろ髪をひかれながら、その場を後に。

夜の部(18:10~18:40)を聴こうと定時退社して、急いで地下道に通じるオープンスペースへ。
昼の爽やかな音楽とは雰囲気を異にして、ジャズのムードの演奏は、サックスカルテット(ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの各サクソフォン)。

20180330 風と緑のコンサート2.jpg

日本の四季によるミニチュアシンフォニーより春「さくらさくらコラールとフーガ」や森山直太朗の「さくら」など、桜の季節にちなんだ選曲。
演奏に合わせて思わず体をスイング、観客から手拍子も始まりました。

うーん、前の勤務先ビルではなかったお楽しみイベント。
今後も定期的に催しを企画するとかで期待しています。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサート2018 [ミュージック]

私は音楽を聴きながら別のことをすることが苦手です。
どうしても音楽のほうに気持ちがとられてしまうから。

年末年始に録画しておいたテレビ番組のうち、NHKで生中継されたオーストリア・ウィーンで毎年1月1日に行われるお正月の風物詩「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート」を聴きました。
三時間、テレビの前で目が釘付け。

20180113 ウィーン・ニューイヤー・コンサート1.jpg

黄金のホールを華やかに演出する素晴らしい花飾りは、オーストリアの花のマイスターたちが12月27日から飾りつけを始めたものだそうです。
(今年はピンクやオレンジといった明るい色の花にグリーンがアクセントのカラースキーム)

このコンサートの中継は演奏ももちろん楽しみなのですが、ウィーン国立バレエ団のダンサーが曲に合わせて豪華な建物の中や庭園で踊ることや、新年を迎えるウィーンの街の様子やオーストリアの景色なども楽しめるのが何よりも贅沢。
(最近は、ドローン撮影が駆使されて映像も数年前から変わってきたように思います)

20180113 ウィーン・ニューイヤー・コンサート2.jpg

現地から放送した今回の司会は、自身も音楽をたしなむというNHKアナウンサーの鎌倉千秋さん。
また、ゲストとして、ウィーン・フィルのメンバー(チェロ奏者)でもあるヘーデンボルク直樹さんと、ニューイヤーコンサートの出演経験もあるウィーン国立バレエ団の第一ソリストの橋本清香さんが加わり、コンサート開始前や休憩中にニューイヤー・コンサートならではの苦労話や裏話などの舞台裏を紹介してくれました。

演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:リッカルド・ムーティ。ニューイヤー・コンサートは14年ぶり5回目の登場。
会場:ウィーン、ムジークフェラインザール(オーストリア・ウィーン楽友協会)

演奏曲目:
● 喜歌劇「ジプシー男爵」より入場行進曲(ヨハン・シュトラウス2世)
● ワルツ「ウィーンのフレスコ画」(ヨーゼフ・シュトラウス)
● ポルカ「嫁さがし」作品417(ヨハン・シュトラウス2世)
● ポルカ・シュネル「浮気心」作品319(ヨハン・シュトラウス2世)
● 「マリアのワルツ」作品212(ヨハン・シュトラウス1世)
● 「ウィリアム・テル・ギャロップ」作品29b(ヨハン・シュトラウス1世)
● 喜歌劇「ボッカチオ」序曲(フランツ・フォン・スッペ)
● ワルツ「ミルテの花」作品395(ヨハン・シュトラウス2世)
● 「シュテファニー・ガヴォット」作品312(アルフォンス・ツィブルカ)
● ポルカ・シュネル「百発百中」作品326(ヨハン・シュトラウス2世)
● ワルツ「ウィーンの森の物語」作品325(ヨハン・シュトラウス2世)
● 祝典行進曲作品452(ヨハン・シュトラウス2世)
● ポルカ「都会と田舎」作品322(ヨハン・シュトラウス2世)
● 仮面舞踏会のカドリーユ作品272(ヨハン・シュトラウス2世)
● ワルツ「南国のバラ」作品388(ヨハン・シュトラウス2世)
● ポルカ・シュネル「短いことづて」作品240
<アンコール>
● ワルツ「美しく青きドナウ」作品314(ヨハン・シュトラウス2世)
● ラデツキー行進曲作品228(ヨハン・シュトラウス1世)

音楽の都ウィーンを象徴するシュトラウス一家のワルツやポルカは耳に馴染みのある曲も多く、聴きながら思わず口ずさんでしまうほど。

1939年以来、80年近い歴史を誇るこのコンサートは、今ではTVとラジオを通じて世界80カ国以上に放送され、4億人が視聴するというビッグ・イベント。
高額のチケットは世界一入手困難と言われています。(最近は抽選制)

オーストリアはまだ行ったことがない国。
いつか、できればニューイヤー・コンサートの時期に訪れてみたいと思いました。

【おまけ】
年も改まり、戌年にちなんで犬の置物を購入。
20180113 犬&ハリネズミ.jpg

以前からいた羊、ハリネズミに仲間入り。
そして、この冬のエコ加湿シートもハリネズミの親子。100均で見つけ、即買い。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

矢野顕子×上原ひろみ ツアー2017「ラーメンな女たち」 [ミュージック]

三軒茶屋の昭和女子大学 人見記念講堂「矢野顕子×上原ひろみ ツアー2017 ラーメンな女たち」を聴きに行ってきました。

20170425 ラーメンな女たち.JPG
(2017年4月25日(火)追加公演 19時~、S席 1階マ列10番) 

久々のアッコちゃん。今回は若い相方とのデュオコンサートです。
ステージにはグランドピアノ2台が組み合わされたように向かい合わせで置かれ、正面と左右に計3枚の大きな鏡が宙に浮いたように吊り下げられていて、ピアノを弾く手元が客席から見えるようになっています。
客層は男性女性半々くらい。10代~70代の幅広い年齢層、小さい子どもを連れた母親も。

タイトルにちなみ、幕開けは古くからの名曲「ラーメン食べたい」♪
アッコちゃんの癒し系ボイス、上原ひろみさんのエネルギーに満ちた(時折立ち上がる)演奏、即興性のあるアレンジ。
親子ほど年が離れているけど、ピアノを本気で愛する二人が奏でる音楽のキャッチボールが心地いい。

休憩時間に1階ロビーに出てみると、こんな珍しい楽器の展示がありました。
20170425 昭和女子大人見記念講堂2.JPG

青銅製の楚形昭韻の編鐘というらしいです。
20170425 昭和女子大人見記念講堂3.JPG

20170425 昭和女子大人見記念講堂1.JPG

休憩をはさんでの二部構成。

2016年9月15日に一夜限りのレコーディング・ライヴをBunkamuraオーチャードホールで行ったときの実況録音したCD収録曲がベースになっていました。(って、CD買ってないけど)

「東京は夜の7時」
「飛ばしていくよ 」
「ドリーマー」
「こいのうた」

二人が"二種混合"(だったっけな)と呼んでいる、二つの楽曲をうまく組み合わせたものも。
「おちゃらかプリンツ」(おちゃらかほい~フットプリンツ)
「真赤なサンシャイン」(エイント・ノー・サンシャイン~真赤な太陽)
「ホームタウン・ブギウギ」(東京ブギウギ~ニューヨーク・ニューヨーク)

最後にも、アレンジを変えた「ラーメン食べたい」

癒しとエネルギーをもらって、余韻を楽しむ食事はもちろんラーメン!

三軒茶屋の駅から徒歩3分ほどのところにあるAFURIというお店で。
20170425 ラーメンAFURI.JPG
醤油ラーメンに鶏油、炙ったチャーシューが美味しかった

★2017音楽鑑賞カウント 2★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:ピアノ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

響きの森クラシック・シリーズ ニューイヤー・コンサート2017 [ミュージック]

文京シビックホール「響きの森クラシック・シリーズ Vol.58 ニューイヤー・コンサート2017」を鑑賞してきました。

20170114 響きの森クラシック・ニューイヤーコンサート.jpg

友人(後輩のJちゃん)がシーズン券を毎年購入していて、時々お誘いがあるのです。

今回はお正月ということで、豪華な顔ぶれ。そして、曲目も馴染みのばかり。

指揮:尾高忠明
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

前半は、モーツァルトのの歌劇「フィガロの結婚」序曲で始まり、二曲目(モーツァルト「ロンド」)と三曲目(ベートーヴェン「ロマンス第2番」は若手のヴァイオリニスト・南紫音さんが加わって。(紫の音って、妖艶な響きの名前ね)

後半も最初の曲は喜歌劇「こうもり」序曲(ヨハン・シュトラウスⅡ世)、その後も聞き覚えのある歌劇の曲が続きました。
ドニゼッティの歌劇「愛の妙薬」より"人知れぬ涙"(テノール錦織健)
グノーの歌劇「ファウスト」より"宝石の歌"(ソプラノ佐藤しのぶ)
ロッシーニ「セビリアの理髪師」より"空は微笑み"(テノール錦織健)
プッチーニの歌劇「マノン・レスコー」間奏曲
プッチーニの歌劇「蝶々夫人」より"ある晴れた日に"(ソプラノ佐藤しのぶ)

アンコールは、ヴェルディの歌劇「椿姫」より"乾杯の歌"

子どものころ、NHKのテレビ番組「音楽の広場」で若かりし頃の尾高さんを見ていたので、久しぶりに生のお姿を拝見すると年月の経過を感じます。そして、テレビで見ていた人を間近に見ることになるとは感慨深いこと。
尾高さんのわかりやすく軽妙なお話、プリマドンナのオーラ満載の佐藤しのぶさん、そして、しのぶさんがドレスの布を翻らせてステージを去るさまを真似るように自分のジャケットの裾をめくってみる錦織さんのお茶目さ。
生のステージならではの醍醐味でした。

★2017音楽鑑賞カウント 1★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ [ミュージック]

恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館の大ホールで映画「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」を観てきました。

20161225 マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ.jpg

20世紀最高のソプラノとして世界中の注目を集めていたマリア・カラスの絶頂期のパリ・オペラ座デビュー公演のリマスター音声による完全版ライブ映像。
客席には当時のフランス大統領をは じめ、ブリジッド・バルドー、ジュリエット・グレコ、ジャン・コクトー、 チャールズ・チャップリンなど、名だたるセレブリティがずらりと並び、 劇場の外にも歌姫の姿を一目見ようと多くの人々が詰めかけた。

今回上映の前半はソプラノ歌手として、後半はオペラでの女優としての実力を存分に堪能できる構成。全盛期のマリア・カラスの歌と演技の両方が楽しめました。

【主な曲目】
・ベッリーニ『ノルマ』より《清らかなる女神よ》ほか
・ヴェルディ『イル・トロヴァトーレ』より《恋はばら色の翼に乗って》ほか
・ロッシーニ『セビリアの理髪師』より《今の歌声は》
・プッチーニ『トスカ』第2幕

出演:マリア・カラス、ティト・ゴッビ、ほか
指揮:ジョルジュ・セバスティアン
演奏:パリ・オペラ座国立劇場管弦楽団、 同合唱団
収録:1958 年12 月19 日 パリ・オペラ座(ガルニエ宮)

1958年、フランス製作、イタリア語(歌)、フランス語(ナレーション)、115 分、日本語字幕付き
原題:La grande nuit de l'opera


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:オペラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

辻井伸行 音楽と絵画コンサート [ミュージック]

渋谷のBunkamuraオーチャードホールで行われた「辻井伸行 音楽と絵画コンサート」に行ってきました。

20160908 辻井伸行 音楽と絵画コンサート.JPG
(S席9000円 1階30列27番)

ステージ上部のスクリーンに演奏とともに辻井くんの幼少の頃の写真や旅行先での写真、曲目にちなんだ絵画が映し出される演出です。

演奏された曲目と絵画の作者は次のとおり。

第1部 人気の自作×フォトグラフ
 美の巨人たち オープニング・テーマ
 川のささやき:ピサロ、シスレー、カイユボット
 ロックフェラーの天使の羽
 セーヌ川のロンド
 風の家
 ヴェネツィアの風に吹かれて
 コルトナの朝
 ジェニーへのオマージュ
 美の巨人たち エンディング・テーマ:ガウディの作品

第2部 クラシックの名曲×著名絵画
 ドビュッシー
 2つのアラベスク:ルノワール、ドガ
 夢:ルドン
 月の光:クレー

 ラヴェル
 亡き王女のためのパヴァーヌ:モネ
 水の戯れ:モネ

 ショパン
 バラード第1番:フェルメール
 英雄ポロネーズ:いろいろ

アンコールの曲目
 服部隆之「真田丸紀行」
 リスト「ラ・カンパネラ」

絵画も音楽も好きな私にはもってこいの企画の演奏会でした。
もちろん、今回も辻井伸行さんの透明感あるピアノ演奏に心洗われました。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

タグ:絵画 ピアノ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

響きの森クラシック・シリーズ 2015-2016シーズン Vol.55 [ミュージック]

会社の後輩でもある友人がシーズンチケットを持っているというこで誘われたのが「響きの森クラシック・シリーズ 2015-2016シーズン Vol.55」

20160305 響きの森クラシック・シリーズVol.55 1.JPG
(東京フィル 文京シビックホール 大ホールにて、S席5400円 1階24列11番)

文京シビックホール会館15周年を記念した「オール・チャイコフスキー・プログラム」第4弾ということで、曲目は次のとおり。

ヴァイオリン協奏曲 ニ長調op.35(約33分) 第1楽章~第3楽章
<休憩>
交響曲第4番 ヘ短調op.36(約44分) 第1楽章~第4楽章
 
<アンコール>
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番

指揮:小林研一郎
ヴァイオリン:神尾真由子

やはりコンサートホールで生演奏を聴くのはいいわぁ。

【おまけ】
文京シビックホールの最上階展望台からの眺め。
20160305 文京シビックセンターからの眺め.JPG
右下が東京ドームシティ

★2016音楽鑑賞カウント 1★


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

井上陽水コンサート2015 [ミュージック]

会社の後輩でもある友人が「陽水のチケット譲ってもらったんですけど、行きます?」と聞かれ、ちょうど予定も空いていたので「行くよ~」
その友人が急きょ行けなくなるかもということで、代わりに運よく金沢から年上の友人が遊びに来ることになったのでお誘い。

昨夜(12月5日)は東京国際フォーラム(ホールA)へ行ってきました。
井上陽水コンサート2015 「UNITED COVER2」

20151205 井上陽水コンサート2015.JPG
好評につき、2016年もツアーが延長されるそうです

2001年にリリースされ、カヴァーブームの先駆けになったと言われるアルバム「UNITED COVER」の第2弾の発売に合わせての全国ツアー。
本人いわく、「この年齢で新しいアルバムを出す人っていないでしょ」
(調べてみたら1948年生まれの67歳)

年内最後のコンサートということで、ステージに立っての第一声。
「皆さん、お元気でしょうか~?」
(私たちの席は1階19列22番・23番で前方の真ん中。ステージが良く見える位置でした)

うわぁー、モノマネでよく真似されるけど、「お元気ですか~?」ではなく「でしょうか~?」なんだぁ。と、妙なところに感心したり(笑)

語りの冒頭で本人いわく「私事ですが~、あ、今日の話はすべて私事ですが(笑)」
会場内は大爆笑。

「コーヒー・ルンバ」「ダンスはうまく踊れない」「飾りじゃないのよ涙は」とオープニング3曲続けて知っている曲目にうれしくなる。思わず口ずさみ♪
お酒を飲みながら聞きたい気分になりました。

曲の紹介や吉田拓郎さんやタモリさんとのエピソードなどをまったりとしたテンポで話したり。
無口な印象だったけど意外とお喋り好きなのね、とか。
やはり声がハイトーンなのね、とか。
語り口がオネエ系なのね、とか。 発見いろいろ。

私のお気に入りのテレビ番組の一つ、NHK「ブラタモリ」のテーマ曲(オープニング「女神」、エンディング「瞬き」)の誕生秘話を聞けたり、というのもライブならでは。

17時すぎに開演し、休憩なしで約2時間。
オリジナル曲あり、カヴァー曲あり。フォーク調・ポップ調・バラード調あり。
あっという間でした。
お約束のアンコールはPUFFYの「渚にまつわるエトセトラ」で盛り上がり(それまで着席していた観客が次々にstand up、もちろん私も。♪カニ食べ行こう♪ではパンチングの振り付きで合唱)、最後はしっとりとエンディング。

いや~、たっぷり楽しめました。(チケットを譲ってくれた友人に感謝)

こちら、曲目のセットリスト。
20151205 井上陽水コンサート2015セトリ.JPG

会場で配布された他の公演チラシの中に「阿木燿子プロデュース 宇崎竜童70thバースデーライブ」があった。
えー!70歳(古希)!!
リアルタイムで音楽を聞いてきたミュージシャンの年齢にビックリ!
そりゃ私も年をとるってもんだわ。

【おまけ】
コンサートの余韻を食事しながら。(東京ビルTOKIA地階にある鹿児島料理の店、かのや萩原)
20151205 かのや萩原.JPG

美術展情報を交換したり、仕事の話を聞いたり、有意義な時間をくれた友人からお手製のシュトレンをいただき、早速今日の朝食で。 クリスマスの気分♪
20151205  手づくりシュトレン.JPG


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

三茶三味 ~三味線音楽を聴く~ [ミュージック]

珍しい企画(三味線[×]アート)を鑑賞してきました。

20151025 三茶三味1.JPG
10月25日(日) 14時開演(A席 1階K列2番、4500円)

鶴澤清治[×]杉本博司「三茶三味(さんちゃしゃみ) ~三味線音楽を聴く~」

・世田谷パブリックシアター(三軒茶屋駅直結、キャロットタワー3階)
・プログラム
 第一部: 鼎談
      杉本博司=現代美術作家、橋本麻里=ライター・編集者、野川美穂子=邦楽研究家
 第二部: 義太夫節「三味線組曲」演奏(鶴澤清治 構成)
      鶴澤清志郎、鶴澤清馗、鶴澤寛太郎(ともに人形浄瑠璃文学座 三味線)
 第三部: 義太夫節「卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)」(通称「柳」)
      豊竹呂勢大夫(人形浄瑠璃文学座 太夫)、鶴澤清治(人形浄瑠璃文学座 三味線)
・舞台空間
 第二部: 「月下紅白梅図」
      尾形光琳作の国宝「紅白梅図屏風」を撮り下ろしたモノクローム作品
      ※2月に熱海のMOA美術館での初公開以来の再会
 第三部: ・「四季柳図屏風」
      長谷川等伯の六曲一双(ロンドンギャラリー所蔵)
      ・演奏の際、京都の三十三間堂の千手観音立像と坐像を作品化した杉本作品「仏の海」「三十三間堂 蓮華王院 中尊」が登場

20151025 三茶三味2.JPG

「梅」と「柳」 二曲の屏風。
重厚で緊張感のある三味線の音色。
本物を味わう贅沢。
気持ちよく眠りに落ちてしまった。


皆さんのポチッが励みになっています。クリックお願いしま~す↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへにほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - ミュージック ブログトップ